motardjap
日本のスーパーモタード総合情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
shinyo君セミファイナル4位~!
shinyo_roheacs.jpgshinyo選手のブログにスーパーモタード フランス選手権 ロエアック戦の模様がUPされています。今回は練習走行中に膝を負傷したようで、かなり辛い状況ながら最高位のセミファイナル4位!この勢いで決勝は表彰台を!結果は知っている人は知ってますが、w 楽しみです。しかし初走行のサーキットで毎回凄い結果残しますね~。走りこんだらプレステージも夢じゃない?


追記 7/3
決勝の様子がUPされました。
今回は大作です。中々更新されませんな~とか思ってたら、
こういう事だったのね。すごい臨場感溢れるレポートっすよ。しかも第2ファイナルはなんと6位!
走るたびに順位上がってますよ!
ってところで今年のチャレンジはこれにて終了の模様です。
オツカレ様でした!来年も頑張って下さい?
来年はRMZ450とかどうでしょう。
いや、アプリリアが発売されてるか!
スポンサーサイト
またまた萌え系
wrm450sx1_1s.jpgう~ん。カッコイイ。MX界では既にガイシュツでしょうか。イタリアのWRMmotorcycleが作ったMXです。カーボンの塊です。贅沢すぎてリアリティないです。市販化なさげ、、。市販されたとしたら300万オーバーくらい?ちなみにエンジンも製作しているようです。CRF250と似てます。うにカムです。5速です。他にはステアリングアジャストシステム(特許)って書いてあるのですが、キャスターアングルをキャンティレバー式で可変にしたものっぽい?

wrm450sx1_2s.jpg他に面白いのはTPS(スロットルポジションセンサー)のマッピングをVORTEX社製のCPUでコントロールしている?それをハンドルのセレクターから10段階で選べるみたいです。最近アプリリアもそうですがイタリアではコンポジットフレームばやりなんですかね?コスト重視の日本のメーカーには出来ない芸当ですね。ツインスパーはもう飽き気味なので日本のメーカーも何か新しい手法のフレーム考えて欲しいです。

wrm450sx1_3s.jpg一説によるとイタリアでドゥカティのようなクロモリトラスフレームが出来るのは、自転車が盛んなヨーロッパで優秀なモリブデン溶接工が沢山育ってコストも安く上がるからだとか。近々モタード版とED版も登場するらしいので期待したいところ。

萌え~
aps.jpgう~ん、このリアビュー萌えますね。この画像はアメリカのテネシーで行われたイベントでアプリリアが初お目見えしたと言う記事です。なんかエンジンかからないので、おじさんが後ろから押しての試乗です。音(声)付きだそうです。w 早く実物みたいです。来年の頭くらいにコンペモデルがアメリカで見れるだろうみたいなこと書いてますね。10月のインターモトあたりで市販車が発表される線は濃厚なので、楽しみ。

ウナギパワーで表彰台だ!
shinyo_frenchs.jpg今週末はフランスのロエアックでフランススーパーモタード選手権が開催されます。もちろん日本からはフランスでモタード修行中のシンヨ選手がエントリーです。今回は秘密兵器の日本から空輸されたウナギドーピングで表彰台は確実?応援してます!

近畿シリーズの動画うpされてます
crfuchan.jpgこのHPの共同管理人でもあるCRFぅ~ちゃんのHPに先日行われた近畿シリーズのMOTO1のムービーがUPされています。この他にも、噂のダンロップスリックのテストレポートやムービーが盛りだくさんで、なにげに見ごたえあるページです。

MOTO1沖縄シリーズ第5戦。(早!)
okinawa.jpg先週末行われたMOTO1沖縄エリア選手権の模様が沖縄レーシング企画さんのHPにUPされています。えーっと。羨ましいんですけど。青い空と青い海、泡盛、ラフテー、チャンプルー、、、写真みてても南国ムード満点で、ええなああって素直に思います。レポートは翻訳必要です。w まぢでいきとえhgtyふじこwy

近畿選手権終了
6-19inagawaMOTO1s.jpg本日、猪名川サーキットにてスーパーモタード近畿選手権第3戦がありました。
リザルトですが、暫定で発表され後日サーキットさまから正式発表されると思います。
一応写真に撮ってきましたので貼り付けさせていただきます。
テキスト:CRFぅ~ちゃん


本日のMOTO1エリア選手権
moto1_logos.jpg本日はMOTO1エリア選手権近畿シリーズ第3戦猪名川rdと九州シリーズ第2戦セキアヒルズrdが開催されています。現在レポーター募集中。もしくはレポート記事をどこかのHP・ブログにて発見された方はmotardjap-owner@yahoogroups.jp まで通報よろしくお願いします!というか、エリア選手権のリザルトって他のMFJ競技同様どこにも掲載されないのでしょうか、、、。もしリザルト等発見された方ご一報を。


追記
関西のtakumiさんからの情報で
MFJ関西支部のHPに関西エリア選手権のリザルトが掲載されているようです。takumiさん情報ありがとうございます!
ボリス三十路入り。おめでとう御座います!
Chambonbirthdays.jpgボリス・シャンボン選手が昨日めでたく30歳の誕生日を迎えられたそうです。おめでとう御座います。さらにS2暫定ポールゲットでいつに無く表情もにこやかなボリスです。この調子でKTMフェスティバルも熱い走りを期待!

スーパーモト世界選手権第4戦オーストリアrd inMELK
supermoto.jpg今週末、世界選手権第4戦がオーストリアのメルクサーキットで開催されています。フリープラクティス2~S1クラスの順位は1位になんと7月17日の来日が決定しているベルント・ヒーマー君!おお!まぢで速いんですね!2位にジェラルド・デルピン、3位にイワン・ラッザリーニ、4位にVDB、5位マッシモ・マンゾーとなっています。S2クラスは、現在開催中のようで、リアルタイムにスコアが更新されてます。なにげにこれ面白いですね。しかしヒーマー君の走りはナニが何でも見に行かなければならないですね!チケットのお求めはローソンチケットかお近くのKTMディーラーまでどうぞ。


続報です。
レース終了した模様です。
S1はなんとベアント・ヒーマー君がレース1・2ともに制した模様!すげえ。この人来るんですか!出来れば若さゆえのマジの走りが見たいところ。シーズン中なので難しいとは思いますが、
茂木の路面のよさなんかも手伝って本気汁だしてくれませんかね。ちなみにS1レース1の2位にはアプリリアのマッシモ・マンゾーが。アプリリアツインは遂にS1でも調子が出てきた模様です。3位はフサベルのクリスチャン・アイドン(読み方不明)
4位にはこれまたアプリリアのファブリス・ルコネー(読み方不明、フランス語っぽく読んで下さい。w)VDBが何故か下位に沈んでいます。片方はリタイヤかな?S1の方はKTMのお膝元だというのに、KTM勢がぱっとしません。
S2ですが、こちらも今度来日予定のボリス・シャンボンがレース1を制し、レース2も2位と好調の模様。と言う事はオーストリア大会を制した御二方が来日ということで、現在如何にして仕事をサボるか口実を考え中です、、、。
しんよ君のフランスモタード日記更新されてます。
shinyo_frenchs.jpgフランス選手権に参戦中のシンヨ君のブログに先週末行われたESSAYでのレースのレポート前半がUPされています。なにもかも凄いです。ようするにVDBなんかは伊那で40秒切っちゃうような人なのでしょうか、、。コワ―。レポート後半が楽しみで仕方ないのではやくあっぷしてください!

追記
と思ったら、早速続きがアップされてます。
ベストラップがプレステージ予選通れるじゃないですか!
VDBとも7秒差くらい?と、世界が近づいて来てます。
ゴイスーです。
やはり海外で揉まれるとレベルアップするのでしょうか。
8位おめでとうございます!

というわけで、より一層世界選手権日本ラウンドが見たくなってきました。w来ないかなあ、、、。まあ世界選手権とまで言わずとも、KTMかハスクあたりのファクトリーライダーもしくはフランス選手権の有力ライダーなんかを10人くらい選抜で日本のMOTO1ライダーとガチでバトルして欲しいですね。
'06YZF450は、、、おおお???
text by tamo
yzfivespeedsms.jpg
徹夜明けでぼーっとしながら本家TWMX様の「2006 Yamaha 450F, 250F, and TTR50 Highlights」って記事を眺めていたら、、、あれれれれ??? これって450Fのトランスミッションなんですが、対になる枚数を数えたら1、2、3、4、5……って んー???。'06は5速になるのか?? よくわかりませんが、’06YZ450Fのアルミフレームとかも見られます。




≪追記≫
と、思ったら、GL&MCに記事が上がってましたね。興奮翻訳付きです。
ほほぉー 50周年記念で黄色いYZFが出るのか。なんかホンダみたいな色だな。
アルミフレームKX一斉デビュー!
text by tamo

先週に引き続き、新型モデルの発表ラッシュです。今度は'06年型KXシリーズが一気に発表。'06年型の注目点はもちろんアルミフレームの採用なわけですが、待望のカワサキ初450ccMXerのデビューでもあるわけで、キーボードを叩く指にも気合いが入るってもんです。排気量が大きい順にチェックしていきます。(ネタ元はいつものように本家TWMX

KX450F
KX450D6F_63064s.jpgついに登場したアルミーフレーム&新型エンジンの450F。以前からMX誌ではプロトタイプが紹介されていましたが、やっと市販バージョンが登場してきました。細~いアルミフレームが股間にズキュンと来る(なんだそりゃ)、ピチピチギャル(死語)です。価格はいくらくらいになるんでしょうか? 以下、注釈付き主要スペックです。



エンジン
  • 排気量449cc
  • バルブは当然チタン。IN側36mm、OUT側31mm。リテーナーはアルミ製
  • IN側のポートは手作業で研磨(!)
  • オートデコンプ採用
  • キャブレターは京浜MX-FCR40
  • エキゾーストパイプはチタン製。入口38mm、出口41mmのテーパー形状を採用
  • ミッションはYZ450FやRM-Z450と同じ4速

  • フレーム
  • メインフレームに鍛造アルミ押し出し材を使用したツインスパー型

  • 足周り/ブレーキ
  • Fフォークはカヤバ製、AIr Oil Separateシステム方式を採用
    (ショーワのツインチャンバー方式みたいなものか?)
  • 前後ともにペータルディスク(ハッタリが効きます!)
  • シュラウドはユニークな形状の上下2分割型

  • 純正オプション
  • オーバーサイズのハンドルクランプ(おそらくテーパーハンドル用)
  • リアスプロケットはアルミ製、鉄製をそれぞれ用意
  • マディコンディション向けの摩耗しにくい硬質ディスクローター

  •   ほか、いろいろ。


    興奮翻訳大活躍ですなこりゃ。羅列していくだけでも結構疲れる、、、

    写真を見た感じの印象は、まずピボット部のサイズに対してメインフレームが異様に細い。本家TWMXが先週配信していた'06CRF450Rの画像と比べるとよくわかります。ピボット部はCRFと同じかKX-Fのほうがゴツいくらいなのに、その先がグッと細くなっています。
    また、ピボット部のプレートの長さが全然違うのも面白い。CRFはホントに「ピボット位置」周辺だけなのに対して、KX-Fはヘッドと同じくらいの高さまでプレートがのびています。

    あとはシュラウドのデザイン。これ、好き嫌いが別れるだろうなぁ。
    わざわざ部品点数が多くなる分割式にしたのにはなにか理由があるんでしょうが、それがラジエター周辺の構造的なものなのか、単なるデザイン上の理由なのかは、現車を見てみないとなんとも言えませんね。
    長ーいマフラーをカバーするようなサイドゼッケンも、ちょっともっさり感があるような。この辺の交換パーツがサードパーティーから出てくれば、それだけで解決のような気もしますけども。
    では後ほど、KX250Fの詳細をUPします。↓UPしました。
    [アルミフレームKX一斉デビュー!]の続きを読む
    海外通販のススメ
    tads.jpg最近は海外通販も一般化して皆さん経験がおありの方もいらっしゃるかと思います。かくいう私も海外通販ユーザーの一人です。以前はつたない英語でメールなんかで在庫確認したりしてたのですが、最近はもっぱらリトル東京さんでお願いしています。ここの特徴としては日本語でメールで注文が出来て、アメリカに売ってるものなら何でも買って送ってくれます。さらに取引のあるメーカーなら向こうの定価で買えます。注文のコツとしてはアメリカの通販サイトやパーツメーカーのサイトなどで欲しいモノを探し、そのURLを送って品番や色などを伝えると直接メーカーに連絡して商品を取り寄せてくれます。メーカーに在庫があれば手元に1週間~10日間くらいで届きます。お勧めは共同購入で一括購入すると送料が安くつきます。ただ商品によっては在庫が無く入荷未定になることがあるので、1ヶ月まで待ってそれ以外の商品はキャンセルという取り決めをするのがいいでしょう。決済はVISAなどのクレジットカードで出来ます。取引中は入荷状況を逐一メールで伝えてくれてかなり安心できます。注意事項としては総額1万円(商品代金×0.6+送料の合計)以上や商品目によっては関税がかかります。革製品(ブーツとか)は結構高かったりします。ただ絶対かかるかというとこれが運不運な場合が多く関税取られなかったらラッキーって感じです。メイドインアメリカの商品なんかは日本の半額くらいで売ってる場合も多く、ヨーロッパ製品なんかでも市場規模の大きいアメリカでは本国より価格が安く設定されている場合も多く、円高な今上手くするとかなりの節約になります。ちなみに私はUSヨシムラのトライオーバルのフルチタン(日本だと15万前後?)を税込み9万円で買いました。

    MOTO1オールスターズ&エリア エビスレポート
    MOTO2GRIDs.jpg

    どうも、ツヅキです。
    既にコメントを頂いている方もいらっしゃいますが、エビスレポが完成いたしましたので、まとめてリンクを貼っておきます。週末に若干手直しをする予定です。

    ■エビスその1
    ■エビスその2
    ■エビスその3
    ■エビスその4
    ■エビスその5

    今回は、5回に分かれてしまいました。やりすぎですね。今後はもっと短くまとめたいと思います。
    今週仕事そっちのけでした。やっと仕事出来ると思ったら、金曜日orzしかも体調最悪・・・
    今年のMOTO-X
    supermotoxs.jpg今年もMOTO-Xが開催されるようです。去年えげつないダートセクションでみんなの度肝を抜いたMOTO-Xですが、今年はさらにパワーアップしてコース長も長くなりダートセクションは2つになる模様。やはりアメリカはダートの方が人気が高いのですかね。去年の大会はターマックは観客席無かったらしいですし、、。このレースがちょっと変わってるのは1時間のモタデューロになる模様で、ライダーは1回のピットストップタイヤ交換が義務付けられる模様。この辺エンターテイメント重視のアメリカらしいです。現在アメリカ大会常連のVDBとシールが招待者リストに入っています。日程などはまだアナウンスされていません。

    Moto1のShinyo選手が今週末、フランス選手権・OPEN650クラスに参戦
    text by tamo

    shinyos.jpg昨年からフランス選手権にスポット参戦し、5/15の「VILLARS 25」ではついに決勝9位入賞を果たしたShinyo選手が今週末、「ESSAY 61」のOPEN650クラスに出場します。
    このクラスは日本で言えばMoto2にあたるそうですが、以前Shinyo選手に聞いたところ、選手層が日本では考えられないほど広いため「予選に通るか通らないかくらいレベルが高い」とのこと。(写真はShinyo選手のblogから拝借しました。問題ありそうならご連絡を)


    なお、昨年のマシンはハスクバーナでしたが、今年からは国内で使っているのと同じ、KTM525SMRでの参戦です。慣れ親しんだマシンで今回のレースも決勝進出を期待したいところですね。

    ちなみに、来週末はル・マン24時間耐久レースがあるわけですが、同レースに参戦している中野信治選手が彼の滞在先に泊まっているそうです。パリダカに出場していたりなどで意外な人と交流があるのは知っていましたが、中野選手とはどこで??

    レース結果などの最新情報は↓のShinyo選手の関連サイトに掲載されると思います。
    モタードファンの皆さん! 今週末は要チェックですよ。
    Shinyo選手のblog「スーパーモタード 本場フランスで挑戦」
    Shinyo選手のチーム「MOTOAVANTI」の公式サイト

    ドレスアップに特化した200系ハイエース本の新刊が発売中!
    text by tamo

    仕事の帰りにふと本屋に寄ってみると、新しい200系ハイエース本が出ていたので
    思わず購入してしまいました。

    hiace_ls.jpg『ハイエースパーフェクトブック』(芸文社刊)です。ちょと前に発売されていたムックは八重洲出版だったから、別の出版社からまた一冊出たわけですね。
    今度のは価格が500円上がって1500円。新型ハイエースが出てからしばらく経ったこともあって、エアロパーツやホイール選びなどドレスアップ主体の内容になってます。見事に住み分けてますね。
    ハイエースの足回りはトーションバー&リーフスプリング式なんで乗用車とはちょっと違う構造なわけですが、その方式ならではのローダウンテク解説がなかなか役立ちます(というかそこが見たくて買った)。

    結構なボリュームがあるんで、トランポユーザーなら暇つぶし用&妄想用の一冊としてゲットしておいて損はないんじゃないでしょうか。
    関係ないですが、先週末に池袋のアムラックスに行って200系の実車を色々触ってきましたが、やっぱ広いっていいわぁ~ インパネ周りもスーパーGLならまぁ乗用車と言えなくもない作りだし。セカンドシートが結構豪華だったのも意外でしたね。いいなーいいなー(買えんけど)



    DUSS TECHNICS
    whatsthiss.jpgなんすかこれ?duss technicsという会社?が作ったモノらしいのですが、ドイツ語でさっぱり分かりません。モタードはモタードみたいなのですが、かろうじて読み取れるのは140kg110psってところぐらい。よく見るとナンバープレートホルダーとテールランプは付いてます。ってことは市販する気でしょうか。あと写真から分かるのは、ベルトドライブなのと、カム駆動がタイミングベルト式なのとデザインがものすっごく微妙ってこと、、、。これ乗る時は銀色のツナギにエイリアンマスクが似合いそうです。

    KTMフェスティバル開催のお知らせ
    Boris(2)s.jpgもう既にご存知の方も多いと思いますが、7/17(日)にツインリンク茂木にてKTMフェスティバルが開催されます。今回の目玉はお馴染みのボリス・シャンボンに加えて期待の新星バーンド・ヒマー君が来日。その実力は世界戦S1クラスで現在デルピンに次いで6ポイント差の3位と今乗りに乗っている感じです。是非皆様本場の走りをその目で確かめてください。

    Hiemers.jpg

    supercross the movie
    supercrosss.jpgダーヌポさんで紹介されていたsupercross the movieという映画。気になります。モタードも出ているらしいし。監督調べましたがタイムコップ2とか微妙なものばかり作っているみたいです。基本的にスタントマンが本職の人みたいです。今は引退して映画監督とかしているらしいです。
    だれかモタード主役の映画作らないかなあ、、、。
    この映画の主人公は兄弟らしいですが、モタードムービー作る時は是非フランスのあの兄弟を!ちょっと身長足りないかもしれませんが、その辺はカメラアングルでなんとか。監督はリュックベッソンでしょうか。

    supermotoracer_vol5発売中です。
    supermotoracer_5s.jpgアメリカ発のモタード雑誌スーパーモトレーサーが発売中です。意外と知らない人が多いので宣伝。この雑誌最近のモタード雑誌ではかなりお気に入りです。何がって写真がカッコイイ!あと英語なので頑張れば読めます。値段が安いのもポイントです。遠方の方はガレージスプラウトさんで購入できます。しかも送料サービスとアマゾン並みのサービス。だ、大丈夫ですか店長!

    エビスMoto1ALLSTARSを制したのはikki選手
    text by tamo photo by tsuzuki(続くかは気分次第

    6/6 ※ツヅキさんのブログに詳細レポートUPされました。
    第一部です。3部構成になりそうな悪寒。あんた凄すぎるよ。
    仕事しr、、 (ry

    03571713s.jpg
    6/5(土)に開催されたエビスMoto1の速報が
    いくつかのサイトで報告されはじめました。
    ひとまず、結果は次のとおりです。



    Moto1ALLSTARS
    1位 ikki選手
    2位 井原選手
    3位 Kiyo-S選手(佐合選手)
    4位 長谷川選手
    5位 ビースト選手
    6位 タカテル選手

    Moto2ALLSTARS
    1位 三苫選手
    2位 Kiyo-S選手(佐合選手)
    3位 TAI選手
    4位 ぺー選手
    5位 トミー選手
    6位 町内A級!選手

    ダブル表彰の佐合選手にまず驚きますが、前回・伊那で
    佐合選手の鬼神のごとき走りを目にしている僕としては、
    それを押さえた三苫選手のほうにむしろ目を奪われますね。

    三苫選手はロード出身と聞いてますが、伊那では
    リーンインの姿勢のままジャンプをハイスピードでクリアしたり、
    フロントの滑りをものともせずマシンをバンクさせたまま
    ダートに進入したりなど、MXのIAとはまた違う、アグレッシブな
    ライディングが印象的でした。

    また、長谷川選手は伊那で負った鎖骨骨折を抱えての
    Moto1AS 4位入賞。あの大前転もまったく引きずってない
    かのようですね。兄貴と呼ばせてください! って気分です。マジで。

    続くかは気分次第の管理人・ツヅキ氏が沢山写真を押さえているようなので、
    詳細は近々同blogにて掲載される(であろう)レポートを待ちましょうか。
    (とか言うとまたプレッシャーかかっちゃうかな)
    しかし、毎回の詳細なレポートにはホント感服します>ツヅキさん。

    ↓のエントリーで大さんが公式サイトの即日レポートをリンクしてくれて
    ますが、公式サイトがちゃんと機能しているのはやっぱうれしいっすねー。
    即日レポって、簡単なようで結構大変ですよ、これは。仕事でやれって
    言われても嫌だなと思っちゃうし。素直に賞賛の言葉を贈りたいです。
    地方選については後日アップなんでしょうか?(伊那は地方選も載ってるので)
    エビスALL STARS 第2戦の結果
    moto1_logos.jpgリザルト&レポートがMOTO1公式サイトにUPされています!公式サイト以前は更新もまばらなサイトでダイジョウブカア?と思ってましたが、最近すごい勢いでレポートがUPされます。頑張っています!しかしレポートの画像見て思ったんですが、コース凄くないですか、、?なんか海外のモタードビデオでよく出てきそうな本格的モタードコースに見えるんですが、、。

    AMAsupermoto開幕!
    amas.jpgAMAのスーパーモトシリーズが開幕しました。まず土曜日のプラクティスの結果がUPされています。VDBトップ!2位にジェフワード3位ダグヘンリー4位ユルゲンクンツェルです。ん?VDBは行ってるのにボリスいないっすね。どーしたんだ?それにしてもモタード発祥の地とはいえいきなり世界のトップモタードレーサーと肩を並べるとはアメリケン恐るべし。ボストロムとかいくらダートラ出身とはいえシールとガチンコで勝っちゃうしなあ、、。けどボストロムなんてロードじゃタディ岡田に比べればひよっこだったわけで、それを考えるとタディ!頼むからモタードに出ておくれ!原田哲也も!なぜ日本のロードレーサーはモタードに出ないんだ!


    続報です。決勝のリザルトが出ていました。
    レース1はVDBが2位ベンジャミン・カールソンに6秒の大差をつけてポールトゥウィンでした。3位にクンツェル4位にワードでした。流石です。
    レース2は1位ヘンリー2位VDB3位クンツェルまでの差がコンマ8秒差という接戦のままチェッカーを受けた模様。う~ん、みてえ、、。AMAシリーズってこっちでは放送されないのかなあ、、。
    06CRF450Rがデビュー
    text by tamo



    cr450rearss.jpg6/2付けの記事なのでやや遅めですが、

    本家TWMXが 06年型CRF450Rの情報を掲載しています。

    ざっとですが、主なスペックを列挙してみました。
    [06CRF450Rがデビュー]の続きを読む
    DRZ110smパストラーナ仕様
    Pastrana_DRZ110_3Bikes_Ls.jpgうあwwwwかっこwwwwwwっうぃいwwwwすみません、取り乱しました。CR250のフレームにDRZのエンジンのっけたり、いつもその技術力の高さに驚かされるBBRですが、今回のはマヂでちょっと欲しくなりました。フレームキットがおよそ3000ドルです。写真はパストラーナ様ご購入?(なわけないかw)時の写真。

    テラモデナストリートバージョン?
    teramodena02s.jpgライトついてます。市販化目前?のテラモデナです。ご存知の通りエンジンはフェラーリ製。ちうかラジエターでかいっす。でかすぎます。アプリリアの好成績の影に隠れてますが、かなり面白いマシンではあります。しかしこのライトではレース参戦時に外すのめんどくさそうですな。というか完全にストリートユースに絞ってるんでしょうか。モタードブームのお陰でこういった新しいコンセプトのマシンが出てくるのはなによりです。

    teramodena01s.jpg横からの画像です。赤が主張してます。

    DFの今月の壁紙はタカテル選手のモタード壁紙!
    text by tamo

    200506.jpg

    毎月MXライダーをあしらった壁紙カレンダーを
    配布しているDIRT FREAKさんの今月の壁紙は、
    なんとタカテル選手のモタード壁紙なのだ!
    というわけで、モタードフリークの全国1000万のMOTARDJAP読者諸君、さっそくココからゲット
    しましょう。今年からは若干仕様が変わって、
    カレンダー上にレーススケジュールが入る
    ようになりました。MXは当然ながら、Moto1の
    スケジュールもちゃんと入ってるので何気に便利。

    仕事中に壁紙見ながら「あと一週間乗り切ればレースだな~」「ヤベ! 出れそうもねぇ」
    などと色々現実逃避妄想できますんで、オススメです。

    ンなもん知ってたという方は、「情報古ッ!」と言わず、ええスルーしてください。
    あ、それからDIRT FREAKの壁紙作成担当者様、もう少しモタード率を上げてくれる
    と我々一同、喜びにうち震え、名古屋方面に足を向けて眠れなくなること必至かと
    思います。何卒よろしくおねがいします なんちって。
    ま、モタードであろうがなかろうが、僕は毎月壁紙にしてるわけですが。


    うれしがりです
    danopos.jpgだからどーしたというわけでもないですが、ツヅキさん
    からの通報で「ダーヌポにうちの名前が!」ということで
    キャプチャしてとっておきました。w
    しかし結構いろんな人みてますねえ。というかヤマさんの
    お陰と言うか、MC&Wの力の大きさを思い知りました。
    だってあそこの掲示板に告知した瞬間アクセス一日600越え
    ましたし。w それまで200ちょいだったのに。
    次の目標はダーヌポさんにリンクはってもらうことか?
    つか記事を書いてくれたtamoりん!流石です。

    COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。