motardjap
日本のスーパーモタード総合情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
イベント目白押しpart2
screaminday05.jpgというわけで、って何がというわけなのか分かりませんが、告知です。SCREAMIN'DAYってイベント。わたしゃてっきり車関係のイベントかと思ってました。だってWEB分かりにく杉。内容を理解するまで10分くらいかかりました。w よーく見ると場所はmesse wing mie と書かれてます。mieって、、三重か! ビジュアル重視杉。w ラグジュアリー感は出てますけど。んで、何がモタードに関係あるのかと言うとMOTO-1ライダーのTONYさん&TAKATERUさんの両名が出場予定らしいです。模擬レースするんでしょうか?それともデモラン?内容は不明ですが、おそらくはマルチプレックスin三重って感じでしょうか。輪っかモノ全員集合!な感じのイベントみたいです。関西はまだマルチプレックス未開催って事で総合輪モノイベント初開催になりますかね?総合輪モノイベントは楽しいですよ。行った事無い人は是非!


hakurou.jpgこちらは北海道では初めてとなるダートを使ったスーパーモタードレースが開催される模様です。白老カーランドってサーキットですが4.5キロの本格的サーキットの一部を使って開催されるようです。しかし流石北海道サーキットデカイです。さらに涼しいんでしょうなあ。羨ましい。


shortcirkit.jpgそれからもひとつ。ショートサーキット第2回が開催されます。こちらは4スト125cc以下限定で開催されるモタードレースです。今回はラリーキッズ伊那で開催。コターミ?と思いきやダートがちゃんとあります。でもちっさいバイクなら怖くないのでMOTO1参戦したいけどダート苦手系な方、これで苦手なダートを克服してみては?

スポンサーサイト
熱中症にご注意を。
moto1_logos.jpg今週末はMOTO-1オールスター茂木rdです。ちょっと週末の雲行きが怪しいのが心配ですね。今年のMOTO1は何故か天気に恵まれません。困ったもんです。ところで皆さん熱中症って暑くなくても起きるのって知ってました?もちろん暑い時に起きることの方が多いのですが、実は冬でも大量の発汗と体温の上昇があれば起こるらしいです。なので曇りでも充分起きる可能性はあるのでご注意を。
これから夏本番でイベント目白押しとなると、熱中症、熱射病に注意しないといけません。先日もKTMフェスティバルのパドックで倒れていらっしゃる方がいました。幸い陸奥組の適切な介抱により大事に至ることはありませんでした。軽い熱失神(激しい運動直後に急に脳に血が行かなくなってしまう症状)だった様です。んで気になったので、少々調べてみました。
 熱中症はまず予防がなにより重要だそうです。水分の補給が第一なのは勿論なのですが、その時塩分や糖分も一緒に摂取することを忘れてはならないそうです。なのでその全部が入っているスポーツドリンクがやはりベストなようです。誰ですかビール飲んだし水分補給はOKですなんていってる人は!w アルコールには利尿作用があって摂った水分以上に尿が出てしまうそうです。なので、アルコールを摂取した後はスポーツドリンクなどで水分を補ってください。
 熱中症は症状によって3段階に分かれるそうです。詳しくは「熱中症」で検索すると色々なページが見つかると思います。
 比較的軽度のもの「意識がしっかりしている」「のどが渇く」「体に力が入らない」「眩暈がする」「頭が痛い」等であれば涼しいところで横になり、水分塩分を補給し服を脱ぎ、氷嚢があれば首や脇、太ももの付け根など皮膚の直下を血が流れているところに当て、体温を下げるとよいそうです。
 しかし、その場に倒れて意識が無いとか意識があっても反応がおかしいなど、意識障害がある場合は、涼しいところへ移動し、足を高くして、衣服を脱がせ、気道を確保して呼吸、脈を確かめて水で体を濡らしうちわで扇ぐか、氷嚢などで血液を冷やすかなどして急いで体温を下げる必要があるそうです。ここで思わず水を無理やり飲ませたくなりますが、意識が無い状態で水を飲ませると肺に飲み込む可能性があり、こういった場合は病院で抹消静脈から輸液によって水分をとるしかありません。重度の熱中症の場合20分以内に体温を下げなければ最悪の事態になるそうです。なので意識を失った場合は即座に救急車を呼んで、適切な処置をする必要があります。

以上読んどいて損は無い熱中症講座でした。皆様お気をつけて!



MOTO-1ポイントランキングUP!
moto1_logos.jpgMOTO-1ホームページにポイントランキングがUPされました!わーい。私の声が届いたのかどうかは分かりませんがw、MOTO-1事務局の方に感謝!


以下コピペです。CRF-MOTOさんに感謝。w
Moto-1
1位  #9佐合選手         POINT:38
2位  #27IKKI選手         POINT:35
3位  #4タカテル選手       POINT:34
4位  #19長谷川選手        POINT:33
5位  #1大西選手         POINT:29
6位  #69AD/tac選手        POINT:23
7位  #22K'Sカネコトシ選手    POINT:20
7位  #20トニー選手        POINT:20
9位  #3M@X TAJIMA選手      POINT:18
9位  #5K'Sカネコ選手       POINT:18
9位  #98松本選手         POINT:18
12位 #8大森選手         POINT:17
12位 #2井原選手         POINT:17
14位 #24中しゃち選手       POINT:14
15位 #13ビースト選手       POINT:13
16位 #7JAWS増田選手       POINT:10
16位 #6クレッグ選手       POINT:10
18位 #21シブケン選手       POINT:9
19位 #95箕田選手         POINT:5
20位 #25トモ☆キック選手     POINT:4
21位 #88山下選手         POINT:3
22位 #71you71racing選手     POINT:2
22位 #96生田目選手        POINT:2
24位 #90イシゲ選手        POINT:1

ランキングを見るとMOTO-1クラスの混戦ブリがあらためて分かりますね~。上位は全員数ポイント差でひしめき合っています。MXライダー優勢かのように見えますが、この先茂木や鈴鹿などロードライダーにも有利なコースが続くのでどうなるか展開が読めません!私の希望としては上位10人くらいまでが3ポイント差くらいで最終戦にもつれ込んで欲しいもんです。w やっぱポイントランキングあると楽しいですね!

Moto-2
1位  #45三苫選手         POINT:57
2位  #55マッハGOGO選手      POINT:33
3位  #46佐合選手         POINT:32
4位  #10橘選手          POINT:27
5位  #44TAI選手         POINT:26
6位  #51ペー選手         POINT:19
7位  #47コヤマ選手        POINT:17
8位  #32リュウ選手        POINT:15
8位  #33Tommy選手        POINT:15
10位 #23きのっち選手       POINT:14
11位 #77近藤選手         POINT:13
11位 #78ミッキー選手       POINT:13
13位 #66ビックタンク はるき選手 POINT:12
14位 #1鈴木友也選手       POINT:11
14位 #40町内A級!!!選手      POINT:11
16位 #57ばっちょまん選手     POINT:10
17位 #3ハラジュン選手      POINT:9
17位 #95SMITH選手        POINT:9
19位 #49内野"とむとむ"共樹選手  POINT:8
20位 #83古屋選手         POINT:6
21位 #17yass選手         POINT:4
22位 #37ユッキー選手       POINT:3
23位 #85ファクトリー@MIZ選手   POINT:2

かわってMOTO-2ですが、こちらは宇宙人三苫選手(この呼び方でよかったんだっけ?)が2位GO選手に24ポイント差をつけての独走態勢。MOTO-1ランキングトップの佐合選手をもってしてもその勢いを止める事は出来ないのか。これは前夜祭で一服盛るしかないですね。w しかしこのすげえ面子に割って入るのが我等が掲示板の星イケメンtahci選手です。エエ凄いです。凄すぎです。是非最終戦まで参戦して燃え尽きてもらいたいものです。


今週末の茂木は台風一過好天(猛暑かも、。)に恵まれそうなので、非常に楽しみですね。
イベント目白押しまくり。
text by 大

鳥のメジロが木に止まる時沢山枝に並んで押し合う様にとまることから目白押しと呼ばれるようになったそうです。
あーーー楽しそうな企画がイパーイ。先週のKTMフェスでMPが0になったせいで「ズルヤスミ」の呪文が使えなくなった私は行けそうに無いのですが、 とりあえずイベントまとめときます。皆様是非!


これ楽しそうなんですけど。というかこういうイベント待ってました!ダート苦手~っていう方。ターマックなら自信有り!というあなた。出てみませんか!結構ダートがネックでモタードレースにどっぷりはまりきれない人って多いと思うんですよね。これを気に頭の先までモタードにはまっちゃうのは如何?つかワシもでたーーい!詳しくはモトショップ五郎さんのHPで。日光サーキットって面白いらしいんですよね、、。一度走ってみたいと思うんですよね。関東圏の方は意外と近いので軽い気持ちで行ってみてはいかがでしょう。エントリーフィーも5000円ですよ!

REF2.jpgインタビューお世話になりました!今年も開催されますRICKY'S ENJOY FESTIVAL-2 23日で通常エントリーは締め切られましたが、レイトフィーの2000円を払えばまだ受付して下さるそうです。こちらは基本的にMOTO1ライダーの方はご遠慮下さいとなっていて初心者~中級者の方でサーキット走ってみたい!と言う方やエクストリーム技覚えたい!という方、プチレースやってみたい!って方そういった方の為のイベントのようです。素晴らしい!
MOTO1を盛り上げるのも大事ですが、底辺の拡大は同じくらい重要だと思います。そのピラミッドのどれか一つが欠けてもこういったムーブメントって成功しないんですよね。周りでモタード乗ってるんだけどサーキット行った事が無いとかっていう友達がいたら拉致って連れて行ってモタードワールドに蹴落として下さい!w きっとはまっちゃうはず!

wrimage_s.jpg今年もレアルエキップフェスティバルが開催される模様。と思ったら、こちらは「レアルエキップフェスティバル」となっています。なんじゃそら。w よく読むとこれは「モタード合宿」ですね!楽しそう。毎年合宿やろうやろうって言いながら実行出来て無いんですが、これなら面倒なセッティングとか無しで合宿できますよ!しかも夏の伊那です。涼しいですよ。いいなあ。仲間内で話合わして参加とかどうですかね。いいと思います。いいに決まってます。

XR12.jpgこちらはXR100と50モタードによるワンメイク耐久。じゅ、12時間ですか。まじですか。なんでも目標は24時間だそうな。w でもビーチサイドは隣相模川だしBBQもやり放題だし、私としては走るよりピットストップでBBQがメインになりそう。w 


というわけで、今年もモタードイベントが特盛りです。
来週も茂木でMOTO1オールスターが開催されますし!
私は仕事でいけまへん、、。orz
ブロガー達のレポーター魂に期待!
KTM祭り~〆
text by 大 photo by CRF-MOTO
というわけで、この他にも色んなことがあったのですが、このまま続けてもネタがカブリまくるので、w 個人的な感想などで〆ます。
今回のヒマー君のデモライディングは私にとってシャンボンショック以来のヒマーショックでした。そしてまた世界との距離を再認識させられました。しかしながらその距離は一昨年程かけ離れたものでなく、徐々に縮まりつつあるのは確かです。ただ、世界と日本の間に決定的に違う何かがあるような印象を受けました。私のようなヘタレライダーが言うのもなんなんですがw、日本のライダーが自分の育ってきたカテゴリ(MXやロード)の技術やセオリーを元にモタードを解釈して走っている、つまりロードのライダーはやはりロードのライン取りをベースにブレーキングやシフトチェンジを行っているのに対して、ヒマーやシャンボンのライディングは「ロードベース」でもない「MXベース」でもない「スーパーモタード」という独立したジャンルのライディングスタイルを確立しているような印象を受けました。特にターマック部分でその違いが大きく出ているような気がします。これから日本のモタードが世界に追いつく為の一つの壁がそこにあるような気がしました。これから先日本のモタードが世界と肩を並べるようになるには、一度自分の身につけてきたモノを壊してみて、そこからスーパーモタードライディングとは何かということを考え直す必要があるのかもしれません。

などと偉そうに書いてますが、私はというと日本のモタードとの差がどんどん開いていって困っています。w みんなあんまし練習せんといて~~~。

KTMフェスティバルその3
KTM11.jpg今回一番のスクープとも言える開発中のモタード専用ブーツです。めっさカッコイイ~~~。これ出たら欲しいですね。どんなものかと言うとカーボン製のインナープロテクターを皮製のカバーで覆った革新的なもの。カバーと書いたのは外側が皺の寄り具合から察するにかなり薄く作られてるっぽくて、「革製のブーツ」というより「皮製のカバー」と書くのが正しそうな感じなのです。丁度雨の日につけるブーツカバーを革で作った感じです。

KTM12.jpg中のプロテクターはヒンジで前後方向の自由度を持たせ横方向はがっちり固められています。ぱっと見た感じツナギの一部のように見えます。最近の世界ライダーはカーボン製のニープロテクターをつける選手が多いそうですが、あれの足首用を装着してツナギを足の先まで伸ばしたらブーツになるんじゃないの的なコンセプトです。気になるのが靴底なのですが、アルパインスターのVECTERみたいな感じです。なので交換が出来るか心配。KTMのの女性スタッフ曰く、「普通は一回で終わってしまうのですがこれだと15回は持ちます。」そうです。って、1回で終わるって、、。普通の人々は終わりませんから!1回じゃ足にも馴染みませんから!しかしと言う事は普通の人だとそう簡単には終わらないソールと考えてよろしいでしょうか。しかし何故15回も持つのかその理由がわかりません。たしかに底はちょっと分厚いですね。底を硬くしても上部分が柔らかいのでシフトやなんかも操作しやすいのでしょうか?今年の秋ごろには発表?もしくは市販されるそうです。「開発中なので内緒でお願いします」と言ってた気がしますが、既に世界戦でも履いてるので全然内緒じゃないと思うので思いっきり公開しましょう。w KTMの方ヤバイ時はメール下さい。w


今日はこの辺で力尽きます。
というか既にモタフェチ青空の下にレポート完結してます。orz

しかし結局ヒマーなのかヒーマーなのかどっちなんですか。
ヒマーの方がどうも正しそうな件について。w
私はヒーマーで押し切ろうかな、、、。
motardjap企画第1弾メールでshinyo選手にインタビュー

text by 大
先日お伝えしたように、motardjap初企画メールでインタビュー♪第1弾をお送りします♪
第1弾は先日フランス選手権参戦から帰国されたshinyo選手にメールインタビューをお願いしました!こんな勝手で面倒な企画に快く協力してくれたshinyo選手ありがとう!

Q まずはフランス選手権にチャレンジおつかれさまでした。
はじめに、フランス選手権にチャレンジしようと思ったきっかけはなんだったんですか?

A はい、かなり疲れました(笑
そもそもモタードの海外レースに出るきっかけになったのも、2003年のパリダカに出た時からで、フランスはモータースポーツに対しての人気が高く、あまりにも日本と違う事にショックを受けました。その時に海外でのレースの楽しい部分を見てしまったのが原因ですね。それから、レース中にリビアの砂漠で自分のバイクをトラックに踏まれリタイヤし、3日間リビアで放置されて、なんとかして日本に帰って来ることが出来、言葉がわからなくても海外でなんとかなるんじゃないかと変に自信がついてしまいました。ここ2~3年で日本のモタードもレベルが上がって来ていて、日本全国廻ってモタードのレースを出ているうちに、本場フランスのモタードとの違いを見てみたくなり、参戦する事を決意しました。

Q 海外レースへの参戦と言う事で大変だった事は?

A やはり、言葉の問題ですね。うちのスタッフも含め私もなんですが、英語とフランス語を全く出来ないので、レギュレーションとか確認するのが大変でした。走っている最中にオフィシャルに止められ、部品について注意を受ける事がしばしば。車検でちゃんとマシンを見て注意してくれよって感じですね。あとは、ライセンス更新も結構大変でした。

Q フランスの国内レースの運営体制など、日本と比べてどうですか?

A フランス選手権は土日開催で、レース参加者はプレステージクラス(一番上のクラス)の予選で落ちたとしても最後の日まで走る事が出来ます。フランス人は時間にルーズというイメージがありますが、イベントでは全く違い、時間通りレースが進むのが意外でした。それから、ダートは雨でもほとんどの場合使います。


DSC02446.jpg
Q エントリーフィーなどは日本と比べてどうなのでしょう?
A フランスは65ユーロ(140円換算で約9100円)です。その他にお金は全くかかりません。

Q フランスのサーキットはどんな感じですか?設備などは充実してますか?日本の方が近くて便利で安かったりします?

A とにかく広いサーキットが多いです。オフロードを混ぜた状態で1分30~50秒ぐらい。風景、コースレイアウトなど雰囲気が出ている日本のコースは、広島のTSタカタですかね。とにかくダート区間が長くて楽しいです。30%以上はダートかな。設備は充実していますよ。何が一番いいかって言うと、タイヤウォーマーや、家電を使う時の電気コンセントを主催者が用意してくれます。発電機を使うとうるさいから使うな!って怒られた事もあります.トイレは有料(1回30円)が普通。

Q エントラントのバイクは何が多かったですか?カスタムなど日本と比べてどうでしょう?

A KTMが一番多いです。併催でKTMトロフィー(ワンメイクレース)も行なっているからでしょう。
カスタムは自分なりに三つ又周りを変更するのが支流ですね。ただ、自分ぐらいのレベルのクラスのマシンはみんなマシンがボロボロ。
マシンよりも、腕を磨いている最中という気がします。
その次にはヤマハかな。

Q モタードをやっていく上でここがフランスの方がいいな~と思う所はありましたか?

A 一番下の地方選レベルの人から一番上の全仏レベルの人まで同じコースで一緒に走り、初心者も中級者も一番上のクラス(プレステージクラス)に挑戦出来るところが、変に格差をつけていなくて楽しいですね。前にも触れましたが、プレステージクラスの予選で落ちたとしても、その一つ下のレース(オープンクラス)であと2回、レースに出れるのは楽しいです。やっぱりみんなどんなクラスでもいいから最後まで走りたいですからね。家族が見に来ていたり、カップルや、おじいちゃんおばあちゃんが見に来ていてビールなど飲みながら、手を振って興奮しているのが最高ですね。自分もまずは家族や友達をどんどん連れて行って日本のモータースポーツの理解を得たいですね。

Q 逆に日本の方がいいなあと思う点はありましたか?

A ターマック(アスファルト)路面が良いのと、設営場所がフランスは土か砂利なんですが、日本はアスファルトでしっかりしている。
サーキットが近いのもいいし、モタードで練習出来る場所がフランスに比べると、多いのがいいですね。


DSC02403.jpg
Q もし海外レースに参戦したいという人がいた場合、どれくらいの費用がかかりますか?運送費など大雑把な金額で結構です。

A 3人で3ヶ月フランスに滞在して運送費を含め400万円以上はかかっていますね。まだ計算していない物で・・・。
とにかく、泊まる所と食費、ガソリン代、レンタカー代がかかります。
バイクをエア運搬をしたら往復、約80万円ぐらいかかっていますね。1週間で着きます。船だったら1~2ヶ月かかりますが全然安くなりますね。片道30万円以下にはなるでしょう。スポット参戦なら、100万円あれば十分でしょうね。

Q 今回参戦してみて、世界と日本の違いは何か感じましたか?

A まだ、かなり違いがありますね。フランス選手権のトップグループは本当に速く次元が違います.私は日本の中でもそんなに速いライダーではないので、偉そうな事は言えませんが、日本人が海外のモタードで優勝するのはまだ何年も先かもしれませんね。だからこそ、日本のモタードを流行だけでは終わらせないで、初心者、中級者にも目を向けたモタードのイベントを増やし、下の層を増やしてその中から速いライダーが出て来て「世界に挑戦!」みたいな感じになってくれればいいなと思っています。

Q 今後日本のモタードがもっと盛り上がるにはどの様なことが必要だと思いますか。

A エントリーの金額を下げて!と言いたいのですが、日本ではなかなか難しいのが現状ですね。それは保険の問題、協会へのお金、狭い日本などいろいろな理由が重なっているからでしょう。自分で出来る事を考えると、モタード系イベントを1年間に3~4回行い、金額も1万円以下にして、若い人にも来てもらえるようにして、みんなで遊べるようにして行きたいですね。とにかくプラスマイナス0円でいいからイベントを続けて行きたいです。若い人で町中でモタードマシンには乗っているが、別にレースをしたいわけでもなく、エクストリームなら興味があるという人が最近いますね。そんな人とスライドごっこをしながら追いかけっこをしていつの間にかうまくなって、レースに興味が出てくる人もいました。そういう方向性も有りかなと「リッキーズ エンジョイ フェスティバル」を去年からし始めました。他にもこんな感じでイベントをしてくれる人が増えたらいいと思います。

Q 来年もチャレンジしますか?また、イタリア選手権やドイツ選手権などは考えてませんか?

A 来年もフランス選手権にチャレンジしに行きたいですね。今度こそはプレステージクラスへ。イタリア選手権、ドイツ選手権はフランスである程度のレベルになったら行きたいですね。やはり国ごとのライセンスの問題もありますし順序よく行ければと・・・。その前に、日本でも十分練習出来るし、速い人がたくさんいるし今年いっぱいは日本で楽しみますよ。

Q その他フランスで見たもの聞いたもの面白かったものあったら教えて下さい~。

A 楽しい物はたくさんありますね。6月だったら、町中でルマン24時間を目の前で見れるのもすごいし、毎週金曜日の晩にはルマンコースの裏門に300台以上のバイクが集まるのがすごい。そして夜中12時前にはみんな退散してしまう健康的な方々ばかり。まあ、夜の10時まで太陽が出ているのがおかしいんですけどね・・・。



shinyo選手、めちゃ丁寧な回答ありがとうございました!
ヨーロッパへの運送代ってそんなにかかるんですか!
アメリカって船で3万くらいと聞いた事がありますが、ヨーロッパは便数の少なさと距離のせいで跳ね上がるのかな、、。
羨ましいのはブログでも見たんですが、ルマンの練習場?みたいな広場ですね。いいなあ。すごい広そうだし。しかし300台って、、。
日本も80年~90年くらいはそんな感じのところありましたね、、。

というわけで、メールでインタビュー第1弾をお送りしました♪
次回は、、、ダーツで決めるかな。w
犠牲者募集中です。w
KTMフェスティバルその2
KTM06.jpg仕方ないですね!行けなかった方の為に携帯ムービーですけどUPしました。
その1(778KB)
その2(840KB)
つか携帯動画でも速さが伝わって来る、、、。
エンジン音おかしくないですか?
常に全開とはこの事です。かといってラフな開け方じゃなくって音を聞いても分かるように常に微妙なコントロールしてるんですよね、、。ホント凄い、、。今動画見ても鳥肌が、、。あ、見れない方QUICKTIME6.5をインストールして下さい。それでも見れない場合はお近くの誰かを頼って下さい、、。.3g2というファイル形式を再生できるプレーヤーなら何でも動くはずです。


続く、、。
行って来ましたKTMフェスティバル
行って来ました。KTMフェスティバル。行かなかった人、もの凄い勢いで後悔して下さい。凄かったです。凄すぎました。言葉では言い表せません。えー。みなさんヒーマー君ナメテマセンデシタ?私も軽くなめてました、、。現在世界選手権ポイントランキング1位ですよ。イケイケですよ。私はボリスの初来日の筑波と森町と今年春のシールのデモ走行を見に行きましたが、悪天候でまともな走りの出来なかったシールを除くとボリスが世界の走りの基準だったわけです。ボリスの走りは見ていて美しく華麗で銀盤を舞うフィギュアスケート選手を見ているようでしたが、今日見たヒーマー君の走りはさながらスピードスケートの清水選手の如き豪快で且つハイスピード、正確無比な走りでした。みんな口を揃えたように「豪快」と言ってましたが、まさにその通りだと思います。しかしながら荒っぽいモノではなく鋼鉄製の精密機械の様な計算しつくされた動きでした。今日一日でファンになりました。ボリスゴメン。w
ちゅうわけでレポートは徐々にUPします。今日は第一報まで。


KTM02.jpg前日からの天気予報では降水確率40%とかなり怪しい雲行きだったのですが、蓋を開けて見るとドピーカンの晴れ晴れです。私晴れ男なんですよね。w と言うわけでついて会場をしばしブラブラ。


KTM03.jpg試乗会が既に行われています。おっとスーパーDUKEと噂のLC8エンジンを積んだスーパーモタードも試乗出来るようです。太っ腹!わしも乗ってみようかと思ったら、なんと8時半までに受付してないとダメだったみたいで、、。スーパーDUKEカッコイイです。いけてます。


KTM04.jpg本日ヒーマー君が乗る525SMRを発見。シートとハンドルを変えた以外ほぼストックのようです。このSMR凄いお買い得ですよね、、。欲しいわマジで。


KTM05.jpgおっとヒーマー君発見。すでにイベントが開始されていたようで、ヒーマー君が走りを見てアドバイスをしてくれるイベントの模様。ヒーマー君自分のバイクを持って来てくれとスタッフに指示を出し、バイクにまたがって一人一人にアドバイスをしていきます。話に聞き入ると、こんなこと言ってました。「みんな総じて前に乗りすぎですね。シッティングポジションはステップの垂直線上に自然に座ってください。」と。え?あれw?あなたより前に来たフランス人が前に座れって言ってたんですが。w ちょっと戸惑うライダーの皆さんに今回スタッフとして参加してる後藤武氏よりすかさずフォローが。「ライディングスタイルもライダーによってそれぞれの考え方があるので、、」 そうですね。ボリスもドリフトではかなり特殊な部類に入ると思うので、これがヒーマー君のライディング理論なんですね。このあと続けてヒマー君は「みんな肘を閉じすぎています肘はブレーキレバーの延長線上にあるように心がけて下さい。肘が閉じると腕の動きが制限されるのと、ブレーキ&クラッチを握った時余分な力が腕に入ってしまいます。」と。なるほど勉強になります。さらに続けて「足の出し方ですが、シュラウドの横にまっすぐ伸ばす人がいますが、足は膝をタンクにあててニーグリップしてそこから地面に垂直に降ろして下さい。」これはボリスも言ってた気がします。しかし一人一人丁寧にアドバイスを出すヒーマー君いい奴です。


KTM06.jpgさて続いてお待ちかねのヒーマー君のデモランの時間です!完全ドライでボリス以外の世界ライダーの走りを目の当たりにするのは初めてなのでかなりドキドキします!私も携帯カメラwを構えて待ち構えます。エンジンに火が入りゆっくりとコースイン、、かと思いきや、いきなり全開ウィリーでコースインです!若いです!熱いです!期待できるカモ!徐々にこちらに近づいてきます。カメラ(携帯)構えます。来ました。、、、撮れません。w すみません。無理です。速いです。速すぎます。やはり一眼をレンタルカメラででも借りて来るべきでした。しかたないので文章でヒーマー君の走りを。


KTM07.jpgボリスの走りとはまったく違います。常にカメラ目線なボリスwと違って普通のライディングしてます。カメラ気にして無いです。w 私が見ていたのはダート出口から続く大回りのコーナーなのですが、日本の選手がイン側に向かって直線的に入ってクリップについたところから向き変えするのに対して、ヒーマー君はアウト側ギリギリを早い段階からバンクさせて全開でパワードリフトしながらインについて行きます。そしてイン側についた時には既に向き変えが終了して立ち上がりが始まっています。このライディング、ダートラっぽい印象を受けました。でもダートラの人ほど余分なスライドが無いです。そしてスピードが速いです。そしてそのまま次のコーナーに入っていくのですが、ココでの切り返しが早い!ブレーキング開始と同時にリアのトラクションが抜けるのですが、その瞬間切り返しが終了しフルバンク姿勢に入っています。スキーに似てますね。それにしても凄いもの見ました。身長が大きいのもありますが、動きがダイナミックで見ていてその迫力に圧倒されました。


とりあえず今日はココまで、、。
明日はKTMフェスティバルです。
Hiemer.jpgtext by 大
というわけで久々に休みとれたので行ってきます!レポート自分でするの初めてなんですが、、。
携帯のデジカメしかないので期待しないで下さい、、、。しかしボリス君が負傷の為欠場らしくちょっと寂しいです。ここはヒーマー君の若さに期待!しかも明日はもて耐と併催なので一粒で二度おいしいです。さて寝ないと!

airohのヘルメット
これありなんじゃないでしょうか。なんかカッコイイかも。国産でもシールドタイプのOFFスタイルメットはありますが、これカッコイイす。グラフィックもうちょっと頑張って欲しい気もしますが。街乗りメインな私はいつもロードのメットかぶってます。OFFメットの方がカッコイイの分かってるんですが、正直息苦しいし視界も悪いしバイザー跳ね上げられるしで、ロードメットの快適さにかっこよさが負けてしまったんです。w ちなみにMXメットのバイザーって泥よけの為にあるって知ってました?私は最近知りました。w ちなみにゴーグルでないとダメな理由ってやっぱバイザーがあるからシールドだと跳ね上げられないからなんでしょうか?あと口ばしの部分が出っ張ってるのってなんでなんですかね?顎から落ちた時にヘルメットで歯を折らないため?もちろんアレがカッコイイのですが、ゴーグルとヘルメットの間に隙間が出来るの意外と危ないというのが去年の某氏の桶川での転倒の際分かりました。なんで、あのデザインは本当に機能から生まれたものなのか誰か知ってる人教えて下さい。ペコリ

supermotoracer_vol6発売中です。
アメリカ製モタード雑誌「SUPERMOTORACERvol6」がガレージスプラウトさんに入荷している模様、まだ買いにいけてませんが、毎回写真がかっこよくってなんか羨ましくなる雑誌です。なんであんなにかっこよく撮れるのでしょう。アメリカの乾いた空気のせいでしょうか。写真意外のレイアウトも関係してるんでしょうね。あのかっこよさは。うーん早く読みたい!

moto1AS菅生ラウンドの結果
sugo.jpgさっそくツヅキさんのブログに菅生ラウンドの結果が。
リザルト:
moto1AS-長谷川選手・大森選手・tac選手・大西選手・タカテル選手・増田選手
moto2AS-三苫選手・コヤマ選手・佐合選手・GO選手・鈴木友也選手・ばっちょまん選手
となったようです。このリザルト何が凄いって全日本MXライダーを押さえて表彰台の真ん中ロード代表のお二方が立ってるわけで。しかもドライのガチンコで。これでモタードはMXライダー有利なんて言い訳が出来なくなってきたわけです。w 大森選手はJAWS選手のファンだったと言ってましたが、どういう気持ちなんでしょう、そのJAWS選手の上に立つってのは。wしかしMOTO2の三苫選手もはや向かうところ敵なし状態なのですが、佐合選手をもってしても独走は止められないのか!しかしポイントスタンディング気になります。ブロガーの皆さんの詳細なレポに期待!


追記
MOTO1公式ページにレポートが早速UP!早!
読み応えアリマス。あれ?ダートキャンセルだったんですか。
でもこれもまた面白いですね。ロードライダーはやっぱりターマック速い、と見るのかMXライダーはダート無くても凄い、と見るのか見方によって面白いですね。私としてはみんな凄い、なんですが。
えー、MOTO1事務局様、大変だとは思いますがポイントとかベストラップとか詳細リザルトUPしてもらえませんかね、、、。お願いします!さてココから先はさらに詳細なブロガーさん達のレポに期待。

ツヅキさんのブログにレポート第1弾がUPされてる模様。
えー、今回は6弾くらいいきそうな感じです。
シゴトシロー。w
今週末はMOTO1オールスター戦菅生rdです。
moto1_logos.jpgさて、今週末はMOTO1AS菅生ラウンドです。皆さん準備にぬかりは無いですか。現在のポイントスタンディングは、、と。あれ?無い。どこにも無い。おーーーーーーーーーーい。MFJさーーーーん。ポイントスタンディングくらいどこかにUPしてくださあい。予想で言うのもなんなんですが、おそらくポイントリーダーはKIYO-Sこと佐合選手、2位はおそらくタカテル選手、3位はうーん、IKKI選手でしょうか。間違ってたらごめんなさーい。つっこみはコメント欄によろしくです。しかしMFJさん、、、ry
あ、もしどこかにポイントスタンディングとか発見された方ご一報を。

MOTO1ASの放送スケジュール
logo_image.gifMOTO1のTV放送スケジュールが某BBSに載っていたので、コピペさせて頂きます。
#302、GAORAのロックオン2005で
#14 スーパーモト 1 世界選手権(イタリア・ベルギー)
   MOTO-1(ラリーキッズ伊那)
 7月4日 (月) 22:30~24:30 (初回放送)
 7月9日 (土) 13:00~15:00
 7月10日 (日) 16:30~18:30

#282 EX SPORTSのMOTOPRESS #19で
■Moto1 ALLSTARS Rd.2
福島エビスサーキット
7月8日(金) 22:00~23:00
再放送タイムテーブル
7月8日(金)22:00~22:30
7月9日(土)22:30~23:00
7月10日(日)9:00~9:30
7月11日(月)10:30~11:00
7月11日(月)20:30~21:00
7月14日(木)6:00~6:30
7月14日(木)24:30~25:00
7月15日(金)22:00~22:30
7月16日(土)22:30~23:00
7月17日(日)9:00~9:30
7月18日(月)20:30~21:00
7月21日(木)6:00~6:30
7月21日(木)24:30~25:00
7月22日(金)14:30~15:00
うちのスカパーが壊れて久しいのですが、近日中にニューマシンを知り合いに譲ってもらえることになったので、TV観戦に参戦予定です。早く見たい~~。

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。