motardjap
日本のスーパーモタード総合情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
風の噂
sxv-rb2.jpgあくまでも噂話なので軽く聞き流して頂いて結構です。w なんでもアプリリアのSXVが予想より結構安い値段になりそうだとか、、、。海外の雑誌でも、9600ドルくらいで出せば売れるんじゃ、、みたいな事が書かれてましたが、だいたいその辺り125~130万くらいになりそうとかっていう噂。ホントだとしたら、すげーです。ツインであれだけ高い完成度のマシンが本当にこの値段なら、凄いですね。元々コストダウンの得意なアプリリアだけに、(昔イタ車のSSがどこも200万以上した時代にミレを149万っていう破格値で売り出した会社ですよね。)期待大。実際私も実物見る前は120万くらいで売るのかな~と思ってましたけど、実物見たら「こりゃ140万くらいは行くな、、。」と思ったくらい良く出来てました。外見だけじゃない事を祈りますが。w

スポンサーサイト
ファンティック復活?
fantic.jpgイタリアの元トライアルバイクメーカーのファンティックが作ったモタード?の様です。何じゃこりゃ。50ccと書かれてましたが。ミニモタですね。ファンティックは確か倒産したはずなのに、、。復活でしょうか?ちなみにかく言う私も大学時代FANTICユーザーでした。50ccのトライアルですけど。でも結構良く走ってくれて、大文字山とか登りに行ったりしてました。メチャ楽しかったの覚えてます。しかし復活してるとは。しかもモタードで。売る気があるのかは不明。なんか懐かしかったので記事にしてみただけです。w

またタイヤの話題?
snow_1.jpg





















また新発売のタイヤの話題? なわけないですが、アイスレース用スーパーモタードタイヤの様です。つってもミシュランのモタードスリック?にスパイクを埋め込んだだけのモノでしょうか?日本ではまだメジャーで無いアイスレースですが、モンゴルのが有名ですよね。ちなみに国内では去年Gスタッフさんが企画されてたみたいですが、湖のコンディションのせいで中止になったとか。昔GSX1000にスパイクタイヤで氷上ドリフト決めてる写真見たことありますが、狂気の沙汰ですよ。今年のシーズンオフはアイスドリフトで決まりですね。w


snow_2.jpgsnow_3.jpg


ダンロップから公道用モタードタイヤが来春発売?
tire.jpg何故かあまり注目されてませんが、ダンロップが公道用モタードタイヤを発売するらしいです。(噂
要するにGPR70のモタードバージョンですね。GPRはかく言う私も愛用してきたタイヤですが、いかんせん専用設計で無いため耐久力の無さが指摘されてきました。GPR70モタード出ないかなあとずっと思ってきただけに、私は結構嬉しいんですが。モーターショーでは参考出品になってましたが、どうやら発売するらしいとの情報を得ました。フロントにはモタードらしく2本平行グルーブが彫られています。リアには無いですね?センターのダート用のグルーブも斜めに入っていて、なんでモタードっぽく平行にしなかったのかな?と思ったら、この辺は公道用ってことで、剛性の問題があるらしいんですよね。仕方ないです。でもグルーブのデザインは悪くないです。カッコイイっすよ。あとはGPR70の様に「安さ」が重要! でもGPRみたいに一日で終わらないのなら、ちょっとくらい高くても許す! 最近の原油高のなかで価格設定は難しいところでしょうなあ。頑張れダンロップ!
ツーリングをスリックに溝掘ったタイヤで行ってるそこのあなた!w
次からはこれ履きましょうね♪

2005年度 スーパーモタード部会報告
moto1_logos.jpg2005年度 スーパーモタード部会報告がモタフェチさまのブログにUPされています。なんでもアンリミテッドクラスが併設される模様です。これはいいんじゃないですかね。この区分けは世界標準になりつつありますし。世界選手権はS1S2共に有名ライダーが参戦してどちらもメインカテゴリーと呼んでもいいのかな?またAMAは450ccクラスがメインっぽいし、日本はアメリカ型になるんでしょうか?どちらにせよ参加者のコストを抑えるのには効果的なのでしょう。
その他の問題として、エリア選手権の参加台数の少なさが挙げられています。うーん。難しいですね。対策として


◆検討案
エリア選手権の台数増加対策として、上位20~30台を上級とし、それ以外をエリア選手権として参加させることにより、地方選手権の格上げとエリア選手権の参加台数増加対策
◆決定事項
・MOTO1エリア選手権に従来の「モタードB級」ライセンス所持者対象クラスに加え、正式クラスとして、「モタードA級」ライセンス所持者のクラスを設定する。
・MOTO1エリア選手権
モタードB級ライセンス所持者・・自動昇格クラス(シリーズランキング上位5名)
モタードA級ライセンス所持者・・ポイントランキングをつけ表彰対象とする。


と書かれているのですが、検討案のくだりが一瞬良く分かりません。w
よく読んで分かったんですが、要するにオールスターで走っている人たちにエリアも走って貰おうと。そういうことですね!
確かにエリアに周りのオールスター走っている人たちが走りに来てくれれば、エリアに出てもやる気出ますね。
あとオールスター選手で、走り足りないって人もいると思われるので、(特にオールスター地元開催回数の少ない中国、九州地方の方?)
いいかも。
あと400ccエンジン無改造クラスも検討中とのことで
MFJ、並びにモタード部会の方も頭ひねって頑張って下さってます。
感謝!(出来ればB級の方はライセンス安くして欲しいなあ。w)

詳しい内容は続きにコピペしました。CRF-MOTOさんサンクス!




[2005年度 スーパーモタード部会報告]の続きを読む
ついにあのメーカーも、、、。
タレこみスクープ情報です。ついにあのメーカーもモタードモデル発表?まあコンセプトモデルなんですが。ムルティストラーダベースですね。諸元なんかは一切不明。っていうかどう考えても重いわな。でもデスモエンジンでモタードってのは私の夢の一つでもあるので、腰を上げてくれただけでもよしとしましょう。しかしレースでの使用は一切考えてない造りですね、、。マフラーは下通ってるし、フロントサスもどう見てもロードのままだし、なによりクロモリのトラスフレームはモタードにゃ重すぎるわな、、、。まあ突っ込んでもしかたないので、ネタとして取り扱うしかないですね。これは。私的には、スーパーモノのエンジンをアルミフレームに積んでくれると嬉しいな~。

Ducati20Hypermotard20203.jpgDucati20Hypermotard20202.jpgDucati20Hypermotard20201.jpg





ストレンジモーターサイクルさんからのお知らせです。
日本を代表するエクストリーマー兼MOTO1レーサー兼ストレンジモーターサイクル店長のADtacさんからモタードコンプリート販売のお知らせです。お買い得でっせ~。





ベース’03YZ450F新車
ホイル フロント EXCEL3.5-17
    リア   EXCEL5.0-17
タイヤ フロント DUNLOPモタードスリック 120/70-17
    リア   DUNLOPモタードスリック 165/55-17か155/60-17
フロントフォーク 40mmローダウン セッティング変更
リアショック   30mmローダウン セッティング変更
フロントブレーキ BERINGER RACEKIT
ファイナル F14 R44
ハンドル ZETA
フロントショートフェンダー

が、なんと税別80マソ!やっすい!

え~03かあ、、なんて言ってるあなた。
あなどる無かれ03は一番パワーが出ていてモタードには向いてる
らしいです。ちなみに上記の仕様でtacさんはSUGOのコースレコード
57秒台を出したそうです。まあ、この辺は腕も関係しますが、、、
勝てるマシンであることは間違いなさそうです。
YZ450Fは4速ですが、余程ロングなコースで無い限り
WRの5速よりギアの繋がりが良かったそうです。

ちなみに送料は別だそうですが、東京くらいまでなら実費で配送してくれるそうです。まあ陸奥組な人たちにとって東京なんつーのは、隣町ですからね!
パーツは揃ってるので、注文を受けて7~10位で製作可能とのこと。
細かいオーダーも受け付けてくださるそうです。
例:BERINGERを6podに、キャッチタンクの追加、ローダウン量
の増減、各パーツの銘柄変更、等々別途見積もりします。


4大メーカーがモタードに力をいれない限り、こういったコンプリートはありがたいですね~。

ちなみにもう一台これも型落ちですが、’02のWR250F新車 保安部品付き公道走行可能モデル EXCELリムでモタード可して税別65万円。

どちらも1台限りのバーゲンプライスですので早い者勝ちです!
お問い合わせは下記まで。
www.strange-mc.com
info@strange-mc.com
022-282-0075
ストレンジモーターサイクル AD/tac






MOTO1AS岡山round~タイトルマッチ!
moto1_logo.jpg本日は岡山のTIサーキットでMOTO1AS最終戦が行われています。アメダスを見る限りウェットレースになっている模様。気になるのはMOTO2の三苫選手と佐合選手の勝敗の行方ですね。しかし今年は5戦の有効ポイント制ってことでポイントの計算が非常にややこしいです。うーむ。
仮に佐合選手が優勝しても三苫選手が2位なら三苫選手のタイトルが決まり、2位以下なら佐合選手のタイトルが決まります。また三苫選手が優勝すると佐合選手の順位にかかわらず三苫選手のタイトルが決まります。また今まで獲得した中で一番低いポイントを上回る順位(三苫:5位、佐合3位)でフィニッシュしないと二人ともポイントの入れ替えは無いので、両者がその順位に達しない時はダブルタイトルになります。
うわ、ややこし~。選手の経済的負担を考えた有効ポイント制ですが、見てる側としてはなんかすっきりしない、、。でもこうやってポイント計算するのも、また楽しってか。いいシステムな気もするし、やっぱややこしい気もしますね。来年は無くなるのかな?
とりあえず速報を待ちましょう!


来年の世界選手権カレンダー
supermoto.jpg来年のスーパーモト世界選手権のカレンダーが発表になった模様。
SuperMoto World Championship 2006

April 30 Europe (ITA) Castelletto di Branduzzo
May 28 France Villars s/Ecot
June 25 Austria Melk
July 22 Mediterranean (ITA) Jesolo
August 20 Sweden Kinnekulle Ring
September 10 Germany Sankt Wendel
October 8 Monaco Monte Carlo
October 15 Greece Athens
November 5 Italy Latina

October 10 SuperMoto des Nations Belfast-IRL

えーっと。相変わらず世界選手権と言うわりに、昔のヨーロッパ選手権と全然変わらない件について。w
昔あったマレーシアとかアメリカの話とか無いのかねえ、、、。
ヨーロッパは遠いよう。



COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。