motardjap
日本のスーパーモタード総合情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
KTMフェスティバルその3
KTM11.jpg今回一番のスクープとも言える開発中のモタード専用ブーツです。めっさカッコイイ~~~。これ出たら欲しいですね。どんなものかと言うとカーボン製のインナープロテクターを皮製のカバーで覆った革新的なもの。カバーと書いたのは外側が皺の寄り具合から察するにかなり薄く作られてるっぽくて、「革製のブーツ」というより「皮製のカバー」と書くのが正しそうな感じなのです。丁度雨の日につけるブーツカバーを革で作った感じです。

KTM12.jpg中のプロテクターはヒンジで前後方向の自由度を持たせ横方向はがっちり固められています。ぱっと見た感じツナギの一部のように見えます。最近の世界ライダーはカーボン製のニープロテクターをつける選手が多いそうですが、あれの足首用を装着してツナギを足の先まで伸ばしたらブーツになるんじゃないの的なコンセプトです。気になるのが靴底なのですが、アルパインスターのVECTERみたいな感じです。なので交換が出来るか心配。KTMのの女性スタッフ曰く、「普通は一回で終わってしまうのですがこれだと15回は持ちます。」そうです。って、1回で終わるって、、。普通の人々は終わりませんから!1回じゃ足にも馴染みませんから!しかしと言う事は普通の人だとそう簡単には終わらないソールと考えてよろしいでしょうか。しかし何故15回も持つのかその理由がわかりません。たしかに底はちょっと分厚いですね。底を硬くしても上部分が柔らかいのでシフトやなんかも操作しやすいのでしょうか?今年の秋ごろには発表?もしくは市販されるそうです。「開発中なので内緒でお願いします」と言ってた気がしますが、既に世界戦でも履いてるので全然内緒じゃないと思うので思いっきり公開しましょう。w KTMの方ヤバイ時はメール下さい。w


今日はこの辺で力尽きます。
というか既にモタフェチ青空の下にレポート完結してます。orz

しかし結局ヒマーなのかヒーマーなのかどっちなんですか。
ヒマーの方がどうも正しそうな件について。w
私はヒーマーで押し切ろうかな、、、。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。