motardjap
日本のスーパーモタード総合情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
SXV発表されてた
text by 大
知ってる人は知ってると思いますが、アプリリアの市販モデルが発表になりました。



変なカウルは無くなってます。

よかったあ、、、。
気になるスペックも発表されてます。
長いので続きを読むに入れておきます。
スペックを見ていくと、、、
リア5.50 x 17”-180/55 x 17”
太すぎませんか?どーなんでしょう。
エンジンパワーなどは発表されてませんね。
期待してよかとですか?
バルブはチタンですね、、。まあ高回転エンジンなんで必要でしょうが、8本交換するときのパーツ代を考えるとぞっとします。
他はギアBOXのみウェットサンプになってるようです。
他何かツッコミどころあったらコメント欄に募集中。
sxv_r.jpgsxv_l.jpgsxv_b.jpg




rxv.jpgsxv_rb.jpgsxv-rb2.jpg




[SXV発表されてた]の続きを読む
キタ━━━━ヽ|( ´大` )|ノ━━━━!!!!
うう、、ついにやられた。まあいつか出るとは思ってましたが、そうですのグランツーリズモシリーズを手がけるポリフォニーデジタルさんが遂にバイク版グランツーリズモ「ツーリストトロフィー」を発表。こちらがムービー。発売は今冬ということです。まあ、大本命が重い腰を上げたわけですが、開発はGTシリーズの山内さんでは無く七澤さんと言う方らしいです。元レーサーという噂を聞きました。かねてからGTバイク版の噂は絶えませんでしたが、(山内氏がバイク雑誌をごっそり買いあさっているのを目撃したとか)出るべくして出た感がありますね。まだムービーを見る限りストックバイクばかりですが、MOTOGPマシンとか出るのか?というかここに記事書いたのは「モタードが出るか?」という事!うーん。難しいかなあ、、。基本的にコースはGT4の使い回しだし、ショートサーキットとか作る気ないかなあ、、。Nチビとかスクとかも出してみれば意外と多いショートサーキット人口の方々が買いますよ!とはいえ、今回のゲームは次世代機で本気で作る為の布石的な意味合いが濃そう。これで売り上げが上がれば金かけて本気で作りますかっぽい感じがプンプンします。しかしバイク好きゲーム屋の夢を叶えられるポリフォニーが羨ましすぎる。転しょkげおgsrty、、、orz

ツナギにこだわるあなたに。
世田谷の某お店に寄ったらこんなものハケーン。クシタニから発売予定のモタードツナギです。ツナギはやっぱりクシタニ!って方多いのでは?世界のロードレースで培われた技術と最高品質の革を使ってつくられるモタードツナギのサンプル品のようです。一応撮影&UP許可頂いたので公表しちゃいます。ポイントはなんと言っても品質の良さ。革の伸びが違います。こちらの品は吊るしで発売予定とか。ただしLサイズのみらしいです。値段は20万前後になるだろうとこちらもゴージャス。w フルオーダーバージョンも発売予定らしく、こちらは30万前後?のような話を聞きました。カラーオーダーもOKとのこと。高い気がしますが作りを見れば納得でしょう。結構待ってました!って人多いと思いますね。特にロードでクシタニのツナギを愛用してた方とか。吊るしのカラーリングを何種類か用意して欲しいですね~。
 しかしモタードツナギはロードのツナギなどに比べて切り返しやデザインがシンプルなもの多い気がしませんか?世界戦のライダー見てても派手なパターンのライダーっていないですよね。おそらくあれはバイクが派手なのでツナギはシンプルにした方が合うって事なんでしょうな。普段着も柄と柄は合わせちゃダメ!みたいなセオリーあるじゃないですか。アレですなきっと。w 最近モタードツナギ一杯出てきて迷っちゃう~状態なんですが、迷ってるだけで買える財力が無いのが悲しいところ。w 今使ってるツナギはあと2kg体重増えると前のファスナーが間違い無く弾けます。(´大⊂グスン

airohのヘルメット
これありなんじゃないでしょうか。なんかカッコイイかも。国産でもシールドタイプのOFFスタイルメットはありますが、これカッコイイす。グラフィックもうちょっと頑張って欲しい気もしますが。街乗りメインな私はいつもロードのメットかぶってます。OFFメットの方がカッコイイの分かってるんですが、正直息苦しいし視界も悪いしバイザー跳ね上げられるしで、ロードメットの快適さにかっこよさが負けてしまったんです。w ちなみにMXメットのバイザーって泥よけの為にあるって知ってました?私は最近知りました。w ちなみにゴーグルでないとダメな理由ってやっぱバイザーがあるからシールドだと跳ね上げられないからなんでしょうか?あと口ばしの部分が出っ張ってるのってなんでなんですかね?顎から落ちた時にヘルメットで歯を折らないため?もちろんアレがカッコイイのですが、ゴーグルとヘルメットの間に隙間が出来るの意外と危ないというのが去年の某氏の桶川での転倒の際分かりました。なんで、あのデザインは本当に機能から生まれたものなのか誰か知ってる人教えて下さい。ペコリ

またまた萌え系
wrm450sx1_1s.jpgう~ん。カッコイイ。MX界では既にガイシュツでしょうか。イタリアのWRMmotorcycleが作ったMXです。カーボンの塊です。贅沢すぎてリアリティないです。市販化なさげ、、。市販されたとしたら300万オーバーくらい?ちなみにエンジンも製作しているようです。CRF250と似てます。うにカムです。5速です。他にはステアリングアジャストシステム(特許)って書いてあるのですが、キャスターアングルをキャンティレバー式で可変にしたものっぽい?

wrm450sx1_2s.jpg他に面白いのはTPS(スロットルポジションセンサー)のマッピングをVORTEX社製のCPUでコントロールしている?それをハンドルのセレクターから10段階で選べるみたいです。最近アプリリアもそうですがイタリアではコンポジットフレームばやりなんですかね?コスト重視の日本のメーカーには出来ない芸当ですね。ツインスパーはもう飽き気味なので日本のメーカーも何か新しい手法のフレーム考えて欲しいです。

wrm450sx1_3s.jpg一説によるとイタリアでドゥカティのようなクロモリトラスフレームが出来るのは、自転車が盛んなヨーロッパで優秀なモリブデン溶接工が沢山育ってコストも安く上がるからだとか。近々モタード版とED版も登場するらしいので期待したいところ。

アルミフレームKX一斉デビュー!
text by tamo

先週に引き続き、新型モデルの発表ラッシュです。今度は'06年型KXシリーズが一気に発表。'06年型の注目点はもちろんアルミフレームの採用なわけですが、待望のカワサキ初450ccMXerのデビューでもあるわけで、キーボードを叩く指にも気合いが入るってもんです。排気量が大きい順にチェックしていきます。(ネタ元はいつものように本家TWMX

KX450F
KX450D6F_63064s.jpgついに登場したアルミーフレーム&新型エンジンの450F。以前からMX誌ではプロトタイプが紹介されていましたが、やっと市販バージョンが登場してきました。細~いアルミフレームが股間にズキュンと来る(なんだそりゃ)、ピチピチギャル(死語)です。価格はいくらくらいになるんでしょうか? 以下、注釈付き主要スペックです。



エンジン
  • 排気量449cc
  • バルブは当然チタン。IN側36mm、OUT側31mm。リテーナーはアルミ製
  • IN側のポートは手作業で研磨(!)
  • オートデコンプ採用
  • キャブレターは京浜MX-FCR40
  • エキゾーストパイプはチタン製。入口38mm、出口41mmのテーパー形状を採用
  • ミッションはYZ450FやRM-Z450と同じ4速

  • フレーム
  • メインフレームに鍛造アルミ押し出し材を使用したツインスパー型

  • 足周り/ブレーキ
  • Fフォークはカヤバ製、AIr Oil Separateシステム方式を採用
    (ショーワのツインチャンバー方式みたいなものか?)
  • 前後ともにペータルディスク(ハッタリが効きます!)
  • シュラウドはユニークな形状の上下2分割型

  • 純正オプション
  • オーバーサイズのハンドルクランプ(おそらくテーパーハンドル用)
  • リアスプロケットはアルミ製、鉄製をそれぞれ用意
  • マディコンディション向けの摩耗しにくい硬質ディスクローター

  •   ほか、いろいろ。


    興奮翻訳大活躍ですなこりゃ。羅列していくだけでも結構疲れる、、、

    写真を見た感じの印象は、まずピボット部のサイズに対してメインフレームが異様に細い。本家TWMXが先週配信していた'06CRF450Rの画像と比べるとよくわかります。ピボット部はCRFと同じかKX-Fのほうがゴツいくらいなのに、その先がグッと細くなっています。
    また、ピボット部のプレートの長さが全然違うのも面白い。CRFはホントに「ピボット位置」周辺だけなのに対して、KX-Fはヘッドと同じくらいの高さまでプレートがのびています。

    あとはシュラウドのデザイン。これ、好き嫌いが別れるだろうなぁ。
    わざわざ部品点数が多くなる分割式にしたのにはなにか理由があるんでしょうが、それがラジエター周辺の構造的なものなのか、単なるデザイン上の理由なのかは、現車を見てみないとなんとも言えませんね。
    長ーいマフラーをカバーするようなサイドゼッケンも、ちょっともっさり感があるような。この辺の交換パーツがサードパーティーから出てくれば、それだけで解決のような気もしますけども。
    では後ほど、KX250Fの詳細をUPします。↓UPしました。
    [アルミフレームKX一斉デビュー!]の続きを読む
    06CRF450Rがデビュー
    text by tamo



    cr450rearss.jpg6/2付けの記事なのでやや遅めですが、

    本家TWMXが 06年型CRF450Rの情報を掲載しています。

    ざっとですが、主なスペックを列挙してみました。
    [06CRF450Rがデビュー]の続きを読む
    テラモデナストリートバージョン?
    teramodena02s.jpgライトついてます。市販化目前?のテラモデナです。ご存知の通りエンジンはフェラーリ製。ちうかラジエターでかいっす。でかすぎます。アプリリアの好成績の影に隠れてますが、かなり面白いマシンではあります。しかしこのライトではレース参戦時に外すのめんどくさそうですな。というか完全にストリートユースに絞ってるんでしょうか。モタードブームのお陰でこういった新しいコンセプトのマシンが出てくるのはなによりです。

    teramodena01s.jpg横からの画像です。赤が主張してます。

    COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。