motardjap
日本のスーパーモタード総合情報
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
AMAリノ観戦記part6~今更〆
IMGP0630.jpgえ~。いまさらな気もしますが、ヒート2のリポートを軽く。w ホールショットは#1ジェフ。2位にクンツェル、3位にバークハートと続きます。

IMGP0636.jpgしかしジェフは4周目に転倒大きく順位を下げます。2位を走行していたバークハートがここでトップに。2位にクンツェルが付けますが、既にバークハートは独走態勢に。

IMGP0629.jpgパストラーナは9位と奮いません。

IMGP0638.jpg結局レースはそのままバークハートが2位クンツェルに9秒以上の差をつけて勝利。2位にクンツェルが入った事により、クンツェルは2005AMAproシリーズのシリーズチャンピオンになりました。元世界戦ライダーの面目躍如となりクンツェルもホッと胸をなでおろしているところでしょうか。


と、まあ帰国して既に1週間以上も経ってるわけですが。
既に忘れかけている件について。w
今回初めて海外レースを観戦したんですけど、なんというか
ああ羨ましい。その一言に尽きますね、、。
日本でこんなことするのやっぱり不可能なわけで、
その辺悲しいわけですが、こう言った違いって文化的認知度の問題で
日本ももっとモータースポーツを文化として捉えられれば、、
とか思ってたんですが、なんか違う気がしました。
根本的に。
まあ日本人は頭で西洋文化を受け入れる事は得意なのですが、結局の所精神的な部分で同化することは難しいかと。
毎年人が死ぬマン島TTを開催し続けるイギリス人もそうですが、
なんか根本的に違うんですよね、、、。出所が。
と、嘆いていてもしゃーないので、日本は日本なりにモータースポーツを文化として浸透させられるように時間をかけて頑張るしかないですね、、、。特に若い世代の洗脳&育成が大事ですね。w
30年後にサーキット建設するって言っても反対が起きないくらいの
レベルにはもっていきたいところです。
[AMAリノ観戦記part6~今更〆]の続きを読む
帰国しました。
すんません。今家に着きました。まだレポ終わって無いんですが、先週末は泊まりでメキシコ行ったり帰国前はお土産買ったりでドタバタしててレポ書いてる暇なかったんすよね。と、言い訳しているわけですが、いや~~楽しかった。海外レースって楽しいですね。アメリカなら安上がりで行けるし。ってAO君にお世話になりっぱなしだったので安上がりなのも当然っちゃ当然か。カリフォルニアヤバイですよ。住み心地良すぎます。冬もさほど寒くならないらしいし。その辺のこぼれ話も含めて明日からレポがんがります。今日は時差ぼけで眠すぎます。俺時計で朝の4時です。

AMAリノ観戦記part5~番外編なんかちょろっと
さて、あとはスーパーモトクラスの2ヒート目を残すのみ。その前に軽く番外編でもいきましょう

IMGP0318.jpgこれはパドックでの様子。こ、コピー機そのまま持ってきますか。でもこれのお陰で、リザルトが即座に印刷され、ライダーはもとより観客も自由にもらってくことが出来て便利。リザルトだけでなく、グリッドや各ライダーの全周回のラップタイムとさらに3つの区間での区間タイムもプリントされて配られてます。この辺が運営規模の大きさを感じられます。

IMGP0665.jpgIMGP0666.jpgこっちは一般客のためにカジノホテルが出店しているホスピタリティ。ホットドックやらコーヒー、ビールなど色々あります。アルコールは指定されたエリアでのみ飲む事ができます。そのラインを越えて持ち出す事はできません。


IMGP0746.jpgIMGP0749.jpgはいはい。これが見たかったんですよね。w ビッ○の皆様です。脚なげーーー。オパー○が偽物っぽい質感です。ちなみにキャンギャルっつーのは居なかったです。グゾー。意外と硬派なイベント。w つか基本的にAMAはテレビ放映とスポンサー収入の方がメインなんですかね。観客は基本的に入場料なんつーものがありません。パドックチケットは10ドル。安い!


IMGP0753.jpgSN310259.jpgこれうちらが泊まったホテルなんですが、かっこよすぎません?w このセンスーーー。ゴールデン・フェニックスホテルですよ!昔のファイヤーバード・トランザム思い出しますね。ちなみにここのレストランのステーキが激マズ!人生で一番不味い肉でした。肉を水に漬けて一日置いて、その汁にダンボールを浸して焦げるくらいに焼いた感じ?AO君も今まで食ったアメリカのステーキでNo1に不味いと申してました、、。


IMGP0340.jpgポリスはBMWですね。色んな装備が付いてます。日本のものと違って実戦的な感じですね。小さいホイールみたいなのは距離計るやつです。スピードガンは手に持つタイプですね。こっちは基本的に路肩でガン構えて待ってるネズミ捕り方式なのでこうなるようです。意外と現代的ですね。俺はもっとMFPのグースみたいなものかと、、。w

IMGP0252.jpgうふぉ!これ凄いですね。乗ってみたいがかなり怖そう。ドリフトできんのかな?

IMGP0255.jpgこっちのモタードファンはいかつい人多いです。つかみんなゴツイ。街の怖い人の写真撮りたかったんだけど、怖すぎてカメラ向けられません。目が逝ってる人結構いたし。おそらく普段のレノの人達ですね。観客は若者よりカジノに来たじいさんばあさんの方が多かった気がします。でもみんなカジノそっちのけで見てた。

IMGP0276.jpgこっちはパドックからコースへの出口付近のウェイティング。

IMGP0293.jpgIMGP0743.jpgジュニアもみんな待ってます。ちゅかみんな結構早めにウェイティングに集まります。なので進行がそんなに押しません。素晴らしい。しかしみんなカッコ決まってるね~~~。メットとかかっこよすぎ。お父さんお母さんは傍らで見守る感じ。日本もジュニアクラスもっとやろうよ~~~。とカメラを構えてると方組んでサムアップ。慣れてます。にくたらし~~~~。明るいね!(・大・)イイ!!



ちゅうわけで次は多分ラスト。ムービーを交えつつやりたいですね。(希望
AMAリノ観戦記part4~ι(´大`υ)アツィーぜAMA
IMGP0604.jpg間髪入れずにスーパーモト・ライトクラスのスタートです。予選結果は1位が#414のブランドン・カリー(チーム・カリー・トロイリーカワサキ)で1:09.112、2位が#72のジョエル・アルブレヒト(トゥーブラザーズレーシングSUZUKI・KAWASAKI)で1:09.458、3位に#4のジョン・ルイスで1位2位は両者ともKX250Fです。1位のカリー選手は兄弟でライツクラスに参戦です。ホールショットを奪ったのは、#72のアルブレヒト、2番手に予選トップのカリー、3番手に#909のダルトン・ディミックと続きます。

IMGP0428.jpgスタートで出遅れたカリーですが、予選トップの走りでトップのアルブレヒトをチャージします。目に見えて速いです。行けー!って感じでこっちも熱くなります。と思ったのも束の間、6週目に私の目の前で痛恨の転倒、しかしすぐさまバイクを起こし順位を3位に落としますが、ここからスーパーラップの連続となります。

IMGP0598.jpgこちらはカリーの転倒で3番手にポジションアップのディミック、しかし1周ともたず2位をカリーに明け渡してしまいます。と言うかカリーさんの勢いが凄いです。この辺から観客もさらにヒートアップ!周りのお兄ちゃんも身を乗り出して拳を突き上げながら応援しだします。こういう展開はやっぱ燃えますね。イケー!

IMGP0609.jpgこちらはカリー兄弟のもう一人#747です。8番手走行。どっちが兄なのかは分かりませんが、兄弟で参戦とはいいですね。日本のツヅキ兄弟にも期待したいところ。w


IMGP0596.jpgIMGP0599.jpgIMGP0597.jpg



IMGP0600.jpgIMGP0601.jpgIMGP0610.jpg




IMGP0608.jpgラスト数周でカリーはアルブレヒトを完全にロックオン!このままの状態で数周激しいバトルを繰り広げます。かなり熱いです!周りも大歓声です。私も撮影しながら身を乗り出して応援です。いけー!そして遂にラスト3周で#414のカリーがトップに!すげーっす、(・大・)イイ!! 熱い!そのまま2位との差を徐々に広げながらカリーがトップでフィニッシュ。いやー面白かった。観客も大喜びです。結果は1位に#414カリー、2位に#72アルブレヒト、3位に#92イエロー、4位に#909ディミックとなりました。


IMGP0617.jpgお次はアンリミテッドクラスです。こちらもかなり熱い事になっていて、現在ポイントリーダーの#54アトキンスを数ポイント差で#43のダイモンドが追いかける状態。しかし予選トップは#23のバッフェルーフ2位にダイモンド、アトキンスは4位とアトキンスピーンチ!

IMGP0620.jpg序盤はヘーフォスがレースをリード。

IMGP0623.jpgしかし10周目アトキンスがヘーフォスをとらえトップへ浮上そのあとをダイモンドが追う展開に。そのまま僅差でラストラップへ。しかしブロックラインを通るアトキンスがチェッカー目前でクラッシュアウト、ダイモンドがチェッカーを受けた。


と、また続きます、、、。スンマソ。
AMAリノ観戦記part3~レース迫力あり杉
予選が始まりました。クラスはジェフやクンツェルの走る450ccまでのスーパーモトクラスとMOTO2にあたるスーパーモト・ライトクラスと排気量無制限のスーパーモト・アンリミテッドクラスとホンダ・レッドライダージュニアスーパーモトチャレンジクラスの4つがあります。ジュニアのクラスはHRCアメリカが開催する未来のスーパーモトライダーを育成する為のレースです。すばらしいです。

IMGP0371.jpg立体交差の下をくぐった後はこんな感じで道路が全部ダートになってます。すげ。バンクの後、フープスが設けられてます。トップクラスはすんごい勢いで越えて行きます。観客はアブねーって位すぐ脇で見れます。土かぶる位近いし。けどちゃんと安全面でも考えつくされててヤバそうな所は人が入れ無いかストローパッドが多めにあります。

IMGP0386.jpgダートの進入。ここが近くて観戦にはよさそう。内側から見ますかね。といっても内側に行くのは至難の業。ぐるっとコースを回ってこないといけません。ま、しゃーないですけど。

IMGP0447.jpgこちらは青のゼッケンのアンリミテッドクラスの予選。ハスクバーナアメリカの510です。

IMGP0454.jpgダンゴ状態で熱いバトルを繰り広げてます。この辺は結構下位ライダーですね。

IMGP0470.jpgこちらはライトクラスです。かなり熱いです。しかも速い。いつの時代もセカンドカテゴリーは一番熱いクラスかもしれません。


IMGP0508.jpgようやく観戦ポイントに移動。うーん近い。これぞスーパーモタード。ダート進入でスピードが落ちるので写真も撮り易い。ドリフトもボチボチするし。カメラはいつもの携帯じゃなくてAO君のペンタックスOPTIO。贅沢は言えません。w 徐々にコツをつかんできましたがね。


IMGP0474.jpg一通り予選も終わり、昼飯タイム。ピザ食ってさらっと済ませようと、店でピザ食ってたらスーパーポール始まっちゃってます!しまった!と思ったらなんとピザ屋のデカイスクリーンにリアルタイムで中継が。すごーい。ってことでスーパーポールは終了し、コースに戻ると結構な人!うーん前に行くの大変。でもなんとかポイントの場所取りに成功。ダート進入ということもあって砂埃がすげえ。バンクで跳ね上げられた砂がどっさり飛んできます。つか周りの店から文句でねえのか?日本じゃ考えられん、、、。しかしカジノの客やらスーパーモトファンも入り乱れて、老若男女入り乱れてます。でもじいさんばあさんも声援送ってるし、文句を言う人も居ないし、いい国だなあココは。

IMGP0517.jpgということでスーパーモトのヒート1が開始です。予選トップ#6マーク・バークハート01:05.096、2位に#1ジェフ・ワード、3位に#23デビッド・バッフェルーフ(フランス)、4位に#5ユルゲン・クンツェル(タイトルかかってます。)あれ?アプリリアいねえ。ガ━(゚大゚;)━ ン !!!、、、そんでタンク外してたのか、、、。メカニカルトラブルでDNS、、、。あと世界戦ライダーが結構少ない、、、。VDBもボリスもシールも来てねえ、、。orz まあいいですよ。全然面白いし。世界戦とスケジュールがブッキングしてます。2日に地中海ラウンドがあったみたい、、。ちなみにクンツェルは今年はAMA一本に絞ったみたいで世界戦はエントリーしてないみたいね。カリフォルニアからエントリーになってた。なるほど。と言ってる間にサイティングラップも終了しウォームアップラップからいよいよスタート。ホールショットはジェフです!予選1位のバークハートを押さえてのホールショットです。


IMGP0543.jpgこちらはクンツェル。現在2位。世界の意地をみしてくれい。


IMGP0505.jpgこちらは予選1位のバークハート。ホールショットはやられちゃいました。けどかなりいいペースで追い上げます。


IMGP0523.jpgこちらはフィルモア。予選は11番手。


IMGP0518.jpgこちらは#23デビッド・バッフェルーフいい感じです。予選3番手



IMGP0546.jpgこの#357はかなりのバンク角でドリフトしてました。

IMGP0519.jpg一人ハングオンドリフトで頑張っていたUSヨシムラのアーロン・イエイツ。AMAスーパーバイクのライダーでスーパーストック2005のタイトルホルダーです。

IMGP0567.jpgこちらはカートPニコル現在17位と落ち込んでます。

IMGP0572.jpgIMGP0573.jpgIMGP0574.jpgIMGP0571.jpg




序盤からジェフ・ワードとユルゲン・クンツェルのタイトルを賭けた一騎打ちとなってます。ここまでのポイントリーダーはクンツェルでジェフワードがこれに肉薄してます。このレースの勝者が今年のチャンピオンとなります。ジェフワードが終始トップを走りますが、クンツェルもジェフを猛追。しかし5週目にバークハートに2位を奪われ、バークハートはそのままの勢いで1位のジェフワードに迫ります。そしてラスト3週でついにワードを捉え1位に浮上。そのままチェッカーとなり、ヒート1は1位にバークハート、2位にワード、3位にクンツェルという結果になりました。

と、ここでまたもや続きます、、、。


AMAリノ観戦記part2~マターリパドックブラブラ編
さてパドックでも歩いてみますか。
入り口入ったところにいきなりアプリリア出現。
(・大・)カコイイ!!実物は写真で見るよりカッコイイ。美しいです。マフラーは以前の2本出しに戻ってました。フロントサスがライトグレーにアルマイトされてていい感じ。なんでもこれはプロトじゃなくて、プリプロダクションモデルらしいです。確かにエンジンが砂型じゃなくなってたり、各部が量産製品っぽくなってます。タンク外してたのでパチリとスクープ。インジェクションということもありかなりメカニカル。配線なんかも綺麗におさまってます。うーん市販されるとなると140万は下らない感じですね、、、。160万あたりが妥当なところなんでしょうか?まあコストダウンの得意なアプリリアなので140万くらいを期待したいところ。
IMGP0330.jpgIMGP0333.jpg



IMGP0248.jpgIMGP0338.jpgIMGP0243.jpg




IMGP0728.jpgIMGP0730.jpgこちらは自作2本出しのRMZ。作りは粗いっすけどね。なんでも自分で作っちゃいますねこっちの人は。


IMGP0724.jpgIMGP0261.jpgこちらはお馴染みパストラーナのチームレッドブル・セルニック・スズキのトランスポーター。で、でか。ワークスですね~。幾ら位するんでしょうか、、。流石千両役者は違いますね。マシンは以前も紹介しましたね。しかし実物見るとさらに欲しくなります。


IMGP0256.jpgサムうpでトラ様とパチリ。実物はでかかったです。

IMGP0304.jpgこちらはクンツェル様。なにやらオバちゃんと話し込んでます。何話してるかは聞こえませんでしたが、サスのセットの打ち合わせか何かでしょうか。w

IMGP0649.jpgこちらはジェフワード。気軽にサインしてました。トロイリーの息子さんも走ってます。ああリー家に生まれたかった、、、。

IMGP0717.jpgAO君曰く最近アメリカで流行りのトランポらしいです。これ黒人のお兄さんが運転してました。かっこよすぎるんでない?ちょっと。GMCらしいですが詳しい事知りません、、。安いらしい。日本のハイエースは売って無いのかな?

IMGP0737.jpgIMGP0739.jpgこちらの車両はラジアル化が急速に進行している模様です。ブレンボのラジアル2ピース削り出しをマウントするキット。1700ドルらしい。たけー。でもみんなつけてた。



IMGP0322.jpgおっとカワサキチームも来てます。今回はまだ450は無いので250でLITEクラス(日本で言うMOTO2)に参戦の模様。450の実力が気になるところ。

IMGP0324.jpgきゃーーーかっわっいっい~~~。このおねーちゃん侮る無かれプロシリーズで走ってました。はえーっすよ。

IMGP0297.jpgこれは言わずもがなクンツェルのマシン。

IMGP0307.jpgIMGP0309.jpgIMGP0305.jpg

ここはすげー統一感あるグラフィックのテント。こういうの大好き。


IMGP0268.jpgIMGP0643.jpg



さてとお次はレースの模様ですが、to be continue...
AMAリノ観戦記part1~メリケンはゴイスーです。
reno_map.jpgちゅうわけでやってまいりましたアメリカはネバダ州リノ。遠かった~~。前日ロス入りしてそのままニューポートビーチという所にあるAO君宅にお邪魔して夜にAO君夫妻と車で出発。だいたい1000キロくらいらしいです。遠い!

PAP_0267.jpg車はシエナというトヨタの米国車。幅がめちゃ広でゆったりしてます。ん~アメリカン。日本でも出してくれよこういうの。途中のガススタでマターリ。なんかハイウェイタダだしサービスエリアは無いけどこういうガススタがIC付近に必ずあって、ファミレスからコンビニまでなんでもそろってて日本のPAより綺麗だし断然いいです。流石ハイウェイ先進国。


PAP_0265.jpgリノまであとちょっとのところで日が明けました。リノは西海岸から山を超えたあたりにあります。朝焼けが綺麗です。飛行機で一緒になったアメリカ在住の女の子によると、リノはとっても治安が悪いらしいです♪楽しみ~。

SN310225.jpgと言ってる間に到着。かなり時代から取り残された感のあるカジノタウンです。いや~いいっすね。この70年代感。大好き。ホテルもめっちゃ70’sです。街もヤバそうな雰囲気プンプンです。さてコースでも見て周りますか。

SN310226.jpgってキタ━━━━(°大°)━━━━!!!!~いきなり交差点のど真ん中にダートと巨大テーブルが特設されてます。しかも立体交差。ヤベエよアメリケンやり杉だって。w 

SN310230.jpgテーブル飛びきるとそのままロードコースに突入。対向になっててダートに入る前と出た後の車両が一度に見れます。いいねいいね。

SN310234.jpgその奥のコーナーを曲がったら今度はカジノの下のトンネルくぐります。ムホ!モナコみたいでいいっす!

SN310236.jpgここのトンネルの所には歩道橋が設置されてます。最終戦のサブタイトル「supermoto a GO GO」のグラフィックがプリントされていてカッコイイ。

SN310237.jpgそのトンネルを抜けるとコーナー(交差点)が待ってます。ちなみに交差点には歩道があるのですが、これが石畳なんですよ。大丈夫なんでしょうか。俺ならアクセル緩みまくりですが。

SN310241.jpgんで街のワンブロックをぐるっと周ってくると、今度はアスファルト部分にランプが設置されてます。結構デカイ。

SN310240.jpgそのテーブル飛びきった後のコーナーです。って練習走行始まってますよ!いきなり聞きなれ無い音のマシンが一台かっとんできます。ってキタキタキタキタ━━━!アプリリアですよ!走ってます。すげー!!え。出んの?マジ?これだけで遠路はるばる来た甲斐があります。この時点で元とりました。わーい。音はなんかツイン独特のこもった様な甲高い音がします。まだ全開にはしてませんね。ゆっくり周ってます。ちょっと写真ぶれてますが、まだ朝なので手元が狂ってますYO。スマソ


ちゅうわけでpart2に続く。
いってきま~。
さてと。明日から行って来ます。アメリカ。AMAスーパーモト最終戦を見に。人生で初めて海外レース観戦。楽しみ~。おそらくレポートは早くて来週火曜日あたりになると思いますが。もちろんカメラはいつもの携帯♪orz 今回は同行するAO君がもうちっとマシなカメラ持ってるのでそっちに期待、、。んじゃ!

COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。